2016年04月18日

ウォー・クライ1

〜あらすじ〜
 「一年間だけラグビーをすれば高校を卒業させてもらえる」という条件で、全国から不良少年を集めてラグビー部を結成した扶桑高校。
 校長も手を焼くほどの不良部員達であったが、そこへやってきたのは女性の新監督であった!
 

※ストーリーに関しては、完全なネタバレです!!マイナー作品とはいえ、新鮮な気持ちで原作を読みたい人は注意してください。
※本来的に、漫画考察サイトでよく見られるような二次創作として黙認される範疇と思われるレビューですが、念のため原作者にも許可をいただいております。重ねて、快諾ありがとうございました。
※面白おかしくレビューしている部分もありますが、根源的な発想は、まぎれもなく作品に対するリスペクトであり、これを通じて楽しくラグビーを知ってもらいたいという気持ちであることをお見知りおきください。
※レビューを呼んで面白いと思った君は、原作を買いましょう!それこそが、原作者への応援になります。

レビューはこちら↓
ウォー・クライ1

名作ラグビー漫画「ウォー・クライ」

 『ヤングサンデー』の前身、『マンガくんコミックス』…。その『マンガくんコミックス』はかつて伝説のラグビー漫画を世に送りだしていた!

 その名も『ウォー・クライ』。
 竜崎遼児先生による高校ラグビー漫画である。

 「ウォー・クライ」は、民族舞踊の一つです。
 戦いの前に、手を叩き足を踏み鳴らして自らの力を誇示し、相手を威嚇する舞踊で、最も有名なものはニュージーランドのマオリ族のハカ(Haka)で、その英語名がウォー・クライ(War Cry)なんですね。

 独自のウォー・クライを持つ代表チームは、ラグビーの試合前にこの踊りを披露することが許可されており、ラグビー観戦の大きな醍醐味の一つと言えます。
※参考動画(ニュージーランド代表のハカ)


 そんな「ウォー・クライ」をタイトルとして据えたこの漫画は、「唯一試合描写が面白かった」との呼び声高く、その暑苦しさに暑苦しさを重ね塗りしたようなアツすぎるスポ根描写も含め、いまだにコアなファンを惹きつけている、まぎれもない名作なのです。
 括目して読むべし!
 

※ストーリーに関しては、完全なネタバレです!!マイナー作品とはいえ、新鮮な気持ちで原作を読みたい人は注意してください。
※本来的に、漫画考察サイトでよく見られるような二次創作として黙認される範疇と思われるレビューですが、念のため原作者にも許可をいただいております。重ねて、快諾ありがとうございました。
※面白おかしくレビューしている部分もありますが、根源的な発想は、まぎれもなく作品に対するリスペクトであり、これを通じて楽しくラグビーを知ってもらいたいという気持ちであることをお見知りおきください。
※レビューを呼んで面白いと思った君は、原作を買いましょう!それこそが、原作者への応援になります。

レビューはこちら↓
ウォー・クライ〜トップ〜

ラグビー漫画をレビューする

 管理人は、スポーツ観戦が結構好きです。中でも野球が一番好きなのですが、次点ではラグビーも結構好きだったりします。
 2015年ラグビーW杯の日本代表の奮戦ぶりは話題にもなりましたね!
 そして、2019年のW杯はなんと日本で開催されるのです。ラグビーW杯は、サッカーW杯に次いで規模の大きいW杯イベントですから、2020年の東京オリンピックと併せて、これを見逃す手はありません✊

 ラグビー観戦の魅力は、
・割と点が入る:点が入りまくるとまではいきませんが、全然点が入らずダレるということもありません。
・独走トライの爽快さ:たまに見られる独走トライの爽快さやスピード感は、魅力的です。
・格闘技としての側面:激しい身体のぶつかり合いは、試合のスコアとは関係なく見応えがあります。
・・・こんなところでしょうか。

 フィジカルの差的に日本代表が世界と互角に戦うのはなかなか難しいと考えられてきたのですが、2015年のW杯で、組織的に機能すれば十分に良い試合ができることが証明されました。もともと、日本のラグビーは、大学ラグビーが歴史的に盛んで、代表チームもアジアではズバ抜けて最強ですからね。
 しかし、ラグビープレイヤー人口は減少の一途を辿っているということも事実であり、なんとか2019年のW杯日本開催に向けて盛り上げの一助となることはできないか・・・などと思案していました💨

 そこで、思いついたのが「ラグビー漫画をレビューする」ということです。
 アメフトには、「アイシールド21」など人気を博した漫画がありますが、ラグビーはそういう作品がなかなかないんですよね。
 でも、よく探してみると、有名作品とまでは呼べないかもしれませんが、キラリと光る名作があるのです✨

 このカテゴリでは、そんな名作ラグビー漫画を通じて面白さに気づいてもらって、2019年の日本W杯に臨んでもらいたいという意図で、作品のストーリーをレビューしていきたいと思います👊

※ストーリーに関しては、完全なネタバレです!!マイナー作品とはいえ、新鮮な気持ちで原作を読みたい人は注意してください。
※本来的に、漫画考察サイトでよく見られるような二次創作として黙認される範疇と思われるレビューですが、念のため原作者にも許可をいただいております。重ねて、快諾ありがとうございました。
※面白おかしくレビューしている部分もありますが、根源的な発想は、まぎれもなく作品に対するリスペクトであり、これを通じて楽しくラグビーを知ってもらいたいという気持ちであることをお見知りおきください。
※レビューを呼んで面白いと思った君は、原作を買いましょう!それこそが、原作者への応援になります。