booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
オンラインサロンを運営中です。aicon_97.gif
月額1000円というリーズナブルな費用で、勉強のコーチングを行っています。動画や教材だけあっても独力ではサボってしまうという方、個別に質問などしたい方などに最適です。主に再受験生が対象ですが、通常の生徒さんや保護者様も歓迎です。興味のある方は、「お問い合わせ」からどうぞ!

2018年09月22日

第208回継続法15〜反復の有用性2〜

久しぶりの、勉強法の更新です💨

 いかなる場合にも、「反復」という手法の存在意義があり続ける理由の二つ目は、仮に理屈が存在するとしても、「反復」が必要なケースはいくらでも存在するということです👊
 例えば、「掛け算九九」を思い出してください。どうして、皆さんは小学校の頃に「ハチシチゴジュウロク」などと体に染み付くほど繰り返し暗唱させられたのでしょうか。
 「掛け算の原理」さえわかっていれば、九九の一つ一つの答えなど覚えることは本来必要ないはずです。しかし、これから算数・数学を学んでいくにあたって、九九くらいはいちいち計算せずに瞬時に答えを出せるようにしておくことが非常に有用であるからこそ、暗唱させられるのです。
 このように、知識のニーズが非常に高い場合は、理屈の上に被せて、結局「反復」が必要になります👀

 また、そもそも、他の工夫手法をいくら用いたところで、たった一度きりで物を覚えられるということは、なかなかありません。いくら「注意」を向けても、いくら「理解」をしても、忘れるときは忘れます。そのときにやはり、「反復」の出番があるのです💡

 ここまでは、「暗記」を中心に「反復」の有用性を説きましたが、よく考えると、「理解」や「応用」の習熟のためにもそれは欠かせません
 何かを一回読んでも、なかなか難しくて「理解」ができないとき、皆さんは何をするでしょうか。もちろん、「理解法」で説明したように「人や物にコンサルトする」ということはできますが、それ以前にきっと「読み直す」、すなわち「反復」をするはずです。
 そして、「応用」は、「手法理論」で説明した通り、「理解・暗記・継続」の上に成り立つものなのですから、やはり「継続」の一つである「反復」が必要であることは言わずもがなです。

 以上をまとめると、「反復学習」という言葉がある通り、「反復」は勉強全般を通じて必要となる作業といえます🚩
 普段は「なるべく工夫をして、辛い反復という負担を減らす」というスタンスを堅持する一方で、「いざ、反復の必要性に迫られたときには、徹底的に反復をする」というメリハリをつけて臨んでいただきたいと思います。


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年07月28日

第207回継続法14〜反復の有用性1〜

 気づけば1カ月ぶりくらいの更新になってしまいました💦


 継続法もいよいよ終盤に近付いてきました。このカテゴリーの最後に扱うのは、「反復法」です。そもそも、なぜ「反復」が必要なのかという問題から始め、具体的な「反復」の手法まで紹介していこうと思います👊

 まずは、反復の有用性について確認しておきましょう🚩
 「暗記法」カテゴリーからこちらへ解説を任せた流れに乗っておさらいしておきますと、暗記における「記銘→保持」の段階において、より強固な定着率を目指すための手段の一つに「反復」がありました。
 やること自体は簡単で、例えば「dog=犬、dog=犬、dog=犬・・・」というように復唱するということになります。

 暗記法で述べた通り、この手法は「理解をして暗記する」を筆頭とした、その他の工夫された暗記法に比べて効率がよくありません。多くの人が経験にわかっていると思いますが、反復は無機質でつまらない、辛い作業です💧

 しかし、残念ながら「反復」という手法の存在意義がなくなることは決してありえません💨
 それには以下のような理由があります。
 第一に、現実的には、ありとあらゆる全ての暗記事項に「理解をして暗記する」といったような効率のよい手法が適用できるわけではありません。
 世の中には、どうしても理屈抜きに覚えなければならないものが存在します。先例の「dog=犬」だって、そこに理屈など存在しえません。このようなものは、基本的に「反復」がメインの暗記法となるのは必然的です。

 続きはまた次回✋


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年06月30日

第206回継続法13〜時間コントロールの工夫〜

 さすがに暑くなってきましたね☀しかし、私はあまりの多忙さゆえに風邪をひいてしまいました💧

 他にできる「時間のコントロール」として挙げられるのは、「時間の区切り方」です。

 時間的に余裕のある勉強であれば、別にいつ勉強しようが、サボろうが本人の自由なのですが、例えば「一日○時間勉強する」と決めたほうが、「無理に勉強しなくてもいい」という幻惑を乗り越えて自己を律することができます。
 それに、どうせ同じ時間だけ勉強をするというのなら、深夜に夜更かししてやるよりも早起きして朝やってしまったほうが、能率的でしょう。その一方で、「記憶」は睡眠によって、整理され固定されるということも知られていますから、夜更かしをしない範囲で、寝る前に勉強するというのも悪くありません
 また、「○時間勉強する以外は、徹底的に遊ぶ」というように、世間的によく推奨される「メリハリをつける」というやり方も、当然ここから導かれます💡
 
 さて、「試験のための勉強」のように、ハイペースが要求される、すなわち「ありったけの時間を使う」場合は、以上のような時間のコントロールはあまり役に立ちません。
 しかし、それでも「時間を区切る」という方法には、別のメリットがあります。

 それは、「自分の尻を叩くため」とか「休憩をとるタイミングの目安として用いる」ということです。

 例えば、同じ勉強量をこなすために同じだけの時間をかけるにしても、ダラダラと抑揚なく時間をかけてやっているようでは効果半減です。そこで、一定の分量を適切な制限時間の中で勉強するようにすれば、尻を叩かれているような気持ちになって、無駄にダラけてしまうことを防止できます👊
 なお、この制限時間は、細切れであるほど「尻を叩かれる」感触が強く、より厳しく自分を追い込むことができるという性質があります。例えば、英単語の暗記をしようとするとき、「5時間で300個」と設定すると、なんだかんだといって最初の数時間は怠けてしまいがちです。そこで、「1時間で60個×5回」というように設定すると、時間の切迫感が強いため、人はより必死に暗記しようとする傾向があります💨
 よく考えてみると、「勉強法の理論式」に従ってペースを算出することも、長いスパンで同じことをしています。「一年後に受験がある」と言われても、なかなか勉強のギアが入らないものですが、それを短い期間の達成目標に置き換えることで、この問題を解決しているわけです🚩

 このように時間を区切ると、「尻を叩かれる」だけでなく、「休憩時間を挟む目安」にするという利点もあります。人がよい集中力を保てる限界の時間には個人差がありますが、例えば「2〜3時間」を目安にして、その時間が経つ度にちょっとした休憩時間を挟むようにします。すると、そのまま勉強を続けていれば落ちていく一方だった集中力がリフレッシュされて、次のタームもよい集中力を保つことができます。結果的に、トータルの勉強時間が同等でも、全体としての効率性が増すことになるというわけです✋


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年06月16日

第205回継続法12〜時間コントロールの原則2〜

 現在、第一線の市中病院で主力としてバリバリ働いている関係で、さすがに忙しくて更新頻度が落ちております^^;)


 時間のコントロール法は、個々人の事情によって千差万別だということまで前回お話ししました。
 例えば、大急ぎで勉強をする必要に迫られている人は、「朝だけ勉強しよう」とか、「一日○時間だけ勉強しよう」などという悠長なことは言っていられないはずです。難関資格や難関受験勉強をするのに「一日○○分」の勉強なんて、ヘソが茶を沸かします。時間が足りなければ、朝から晩まで10時間以上、ときには睡眠時間も削って勉強しなければならないかもしれません👀

 本格的な勉強は、「やらなければならないものをやる」という作業を正しく行うだけで、多大な時間がかかります。
 元来、「自分が持ちうる、ありったけの時間を使って、月単位・年単位の時間がかかる」というシロモノなのです🚩

 よって、「時間のコントロール」の原則は至極単純なもので、「自分の集中力が維持できる限り、ありったけの時間を使う」ということに過ぎません。

 最初期に述べている通り、当サイトの勉強法は「試験のための勉強」を、まずはターゲットにしていますから、特にこれが原則であるという認識をしておくべきです👊
 受験勉強中の学生が豊富な時間をふんだんに使うのはもちろんですが、社会人が資格等を目指して勉強をするなら、さらにその重要性は顕著になります。とにかく空いた時間を寄せ集めて、ありったけの時間を確保しなければ、まともな勉強することなどほとんど不可能でしょう。

 ですから、例えば、「通勤通学の電車の中で暗記チェックをする」とか、「CD学習をする」といった細かな「時間のコントロール」の仕方も、全てこの原則に合致します。「ありったけの時間を使いたいから、通勤通学の時間も無駄にしたくない」という気持ちから、必然的に導き出されるのです💨別にそれは、「テクニック」として紹介されるべきハイカラなものでは全くありません。


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年04月28日

第204回継続法11〜時間コントロールの原則1〜

 だんだん暑くなってきましたかね!受験生は「夏から本気出す」とか思ってちゃダメですよ(夏以降は皆本気出すので、差がつきません)。夏前までに一定の形にするつもりでやりましょう👊


 前回までで「とりあえず、継続を成功させる方法」について考えました。
 ここからは「うまく継続する方法」と銘打って、まずは「時間のコントロール」から導かれる工夫をみていきましょう💡

 まずは細かい工夫の話に入る前に、大原則を述べておかなければなりません。
 それは、単純に、「自分が持ちうる、ありったけの時間を使う」ということです。どうして、わざわざこんな当たり前のことを言うかというと、各個人が置かれている状況による「時間のコントロール」の違いを混乱して欲しくないからです🚩

 よく、巷で流行する「勉強法」の中には、「一日○○分だけでいい」とか「一日○時間以上は勉強するな」、「効率よく勉強ができるのは一週間で○○時間までだから、それ以上してはいけない」、「勉強は朝しろ」、「勉強した後はすぐ寝ろ」といったような掟を提示するものがありますそれらは、真っ赤な嘘と言わざるを得ないものから、確かに有効性のあるものまでピンキリです💨

 このようなものは、「時間のコントロール」の方法の一案としては存在価値がないわけではありませんが、勉強の基本として紹介されるべき普遍的なルールでは、少なくともありません

 確かに、「朝のほうが夜より勉強の効率がいい」とか、「人間が完全に集中できる時間には限界がある」といったようなものは、科学的に正しいことであると思います。
 しかし、実際にある人が、何かしらの目標に向けて一生懸命勉強をしている状況を想像してみてください。その人が、日単位や時間単位で、どのように時間のコントロールをするべきかは、本人の事情によって決まるはずです👀


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ