2015年02月07日

第174回暗記法32〜反復1〜

 あけましておめでとうございますexclamation多忙につき、とても久しぶりの更新になってしまいました(笑) 4月以後はまたもう少し復活する予定ですので、ご容赦ください・・・

 前回までで、暗記を助ける手法「注意を向ける」はお終いです。
 というわけで新テーマ「反復」に入るわけですが・・・鋭い人は、「おや?」と疑問に思ったかもしれませんひらめき
 「暗記」と「反復」はいかなる場合も切り離せないものですが、実は「反復」が必要なのは「暗記」に限ったことではありません。例えば、「理解」においても、「かつてわからなかったことをもう一度読み直して、理解する」という形で「反復」はある程度必要になります。「応用」に関しても全く同様のことがいえます。
 要するに、「反復」は勉強全体を通じて不可欠な概念なのですパンチ

 「手法理論」で示した四面体を今一度思い出してください。
 そこにおいて、「理解・暗記・継続・応用」をしっかり四つに分立させました。つまり、ここで言う「上手な反復の方法」は「継続法」にて扱うべき話題になります。
 ですから、ここに該当する内容は「継続法」の部分で扱うことにしますので、そちらを参照するようにしてください足


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年11月01日

第173回暗記法31〜注意を向ける9〜

 本年度は多忙につき、大幅に更新頻度が落ちてしまっておりますふらふら2015年度は元に戻るはずなので、ご容赦くださいm(_ _)m

 奇をてらった「暗記テクニック本」には、大真面目にそのような費用対効果の悪い手法を紹介しているものがしばしばあるので、それに騙されてはいけません。
 それは、ごく一部の人には効果があるかもしれませんが、絶対に勉強の基本ではないのです。

 ここまでで、「注意を向ける」ために「お手軽で、かつ効果がある」と断言できるものに関しては一通り挙げたつもりですし、それら以外の方法が劇的な効果を持つとは経験的に考えにくいところです。
 それでも、どうしても目新しい手法を採用したいという際には、必ず「費用対効果が悪くないか」を吟味した上で実行に移してください。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年05月18日

第171回暗記法29〜注意を向ける8〜

 本年度に入って極めて多忙になりまして、だいぶ更新の間隔が空いてしまいました(*_*)2014年度は月1回程度の更新になりそうです。一方、水面下でmanavee英語コンテンツを鋭意作成中ですexclamation

 他には、「リズム」を利用するのも一考でするんるん
 リズム感のよいビート系のBGMなどに合わせて、ノリノリで暗記事項を口ずさむと、やはり定着率が増す可能性があります。

 そして、世に出回っている「暗記テクニック本」は、この分類に属するファンシーな暗記法を紹介するものがほとんどですダッシュ(走り出すさま)
 少し目先を変えてやれば、目新しい手法はいくらでも提示することが可能なのです人影


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年04月05日

第170回暗記法28〜注意を向ける7〜

 ついに新年度が始まりました。今週は毎日7時〜23時出勤でした…がく〜(落胆した顔)

 これまでの内容をまとめると「体の使用チャンネル数はなるべく多く、感覚に訴える形で対象を捉える」ということになります。
 このように一般化すれば、他にも様々な具体例が思い浮かびますひらめき

 例えば、「感情」をも利用するというのはどうでしょうか。英単語を暗記するときも、紙面の都合上、一つ一つの単語に挿絵があるような単語帳など存在しませんが、自力でこれらの作業をすることができますダッシュ(走り出すさま)
 すなわち、「war」という単語を、ただ平坦に「ウォー」と読んで暗記するのではなく、「ウォオオ!!(爆弾が炸裂している映像を思い浮かべると同時に、「戦争!ドッカーン!恐い!」という感情も込めながら)」と発音しながら暗記するという具合ですパンチ


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2014年03月08日

第168回暗記法26〜注意を向ける5〜

 新年度からさらに一段と忙しくなりそうです(*_*)更新頻度下がってしまうかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)

 表や図、絵画を利用するというのは、教材にも活用されていることです本

 以前に一度取り挙げた、生物学の例を再び取り上げてみてみましょう。

■葉の構造・・・葉の最も外層は表皮に覆われ、裏側には孔辺細胞からなる気孔が多く存在する。葉肉は表側が柵状組織、裏側が海綿状組織になっている。葉脈は、葉の表側が木部、裏側が師部となっている。

 このような文章よりも、下図のような「イメージ」のほうがずっと印象に残りやすいはずですパンチ
leaf.jpg


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ