2017年01月21日

第187回暗記法45〜語呂合わせ2〜

 寒いですね⛄受験生は、絶賛二次試験対策中でしょうか。

 では、前回示したような視点をもって、「語呂合わせ」の極意をみていきましょう。

 まず、「巧い語呂合わせ」のタイプその1は、「知識同士を関連づける」に対応して、共通項や対比事項をもって、グループ化したものがいっぺんに出てくるようなものとなります🚩
 「○○な性質を持つもの□種類」といったような暗記事項が、全て一度に出てくるような語呂合わせは、数の多いものを一つのフレーズにまとめてしまうことで、このグループ化を実現しています⤴その際、多くの場合では、たくさんある暗記事項の頭文字などの一部分を取り出して、一つの文を作り上げます。例としては以下のようなものがあります。
goro1.png
 実は、この具体例は「語呂合わせ」としてはあまり優秀ではありません。なぜならフレーズとしては、意味不明だからです。一応「リズム感がよい」という点において、かろうじて「語呂」の役割を果たしているといえます💨
 まずは、「グループ化する」という手法に注目していただきたいので、とりあえずこれで我慢しておいてください。

 次に、「巧い語呂合わせ」のタイプ2は、「既にある知識と関連づける」に対応して、ストーリーと結びつきやすいものになります👊
 このストーリーとは、知識間の派生ではなく、「語呂合わせ」のフレーズそれ自体のストーリー性のことです。先例のように、フレーズを作ったのはいいものの、それが宇宙人の暗号のような意味を持たない文字列では、まだ暗記しにくいことは否めません。そこで、ストーリーに関連づきやすい「意味を持ち、物語風な語呂合わせ」を用いるというわけです。以下のものが一例です。
goro2.png
 この「語呂合わせ」は、まず「894」という数字を「白紙」に対応させて、「語呂」の役割を果たさせています。その上で、巧妙なのはストーリー性があることです。「白紙にしよう」という言葉に「もう、やめよう。なかったことにしよう」という意味があることは、既に皆の前提知識にあるわけです。すると、「遣唐使が廃止になった」という史実と強く結びつくのです💡


語呂合わせ暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2017年01月14日

第186回暗記法44〜語呂合わせ1〜

 新年おめでとうございます!2017年も良い年にしていきましょう✋
 そして、受験シーズンですね。ファイト〜👊

 勉強法更新、今回から新項「語呂合わせ」です!

 ここからは、暗記技術においても、代表的な「語呂合わせ」について考えましょう👓
 「『語呂合わせ』が『理解』なのか?」と疑問に思う方もいるかもしれません。しかし、専門的にも「語呂合わせ」は確かに「精緻化リハーサル」に分類されます。本サイトではそれを、ざっくりと「理解」と言い換えているわけですが、その理由も本項を読めばおわかりいただけると思います。

 どうして、わざわざ「語呂合わせ」を独立して扱うかというと、あまりに有名かつ有効性のある伝統的な手法であるからです。その役割も多大ですし、「理解をして暗記する」関連の手法をスッキリとまとめるためにも、特記しておく価値があります💡

 さて、どうして「語呂合わせ」が「理解する」という暗記の仕方に分類されるのでしょうか。

 それは、「語呂を合わせる」という行為が、前項までに挙げてきた「知識同士を関連づける」とか「既にある知識と関連づける」という行為と、本質的に全く同じことをしているからです🚩
 逆に言うと、それに準じているかどうかによって、「語呂合わせ」の有用性にも差が現れます。
 皆さんも、頭に定着しやすい優秀な「語呂合わせ」と、全くそうでないものが存在するということは、経験的に知っていると思います👀


語呂合わせ暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年12月24日

第185回暗記法43〜理解10〜

 異様に久しぶりなんですが、一応「勉強法」を更新します。
 2017年になったら、いくつかサプライズの準備があります🚩その流れに乗って勉強法の記事もマメに更新するようにしますね(ただ、一定期間過ぎたら、一部非公開にはなりますが)💨

 例えば、英単語に「correspond」というものがあります。この意味は「一致する、相当する」と「文通、通信する」と概ね二つの意味があります。もし自分が「一致する、相当する」という意味しか知らなかったとして、「文通、通信する」という意味のほうも新たに覚えたいと思っているとしましょう📝
 このとき、「他人と意見が一致するためには、手紙でやりとりして、通信しなければならない。だから、correspondには後者の意味がある」というように、デタラメの理屈をつけてみるのです。こんな理屈が正しいかどうかの保証は全くありません。しかし、これによって自分で妙に「妥当だ」と思えてしまえば、次回から両者の意味をセットで「想起」するのは容易くなるはずです💡

 こうすることで、本来はこの暗記手法を取れないようなものまでいくらか取り込んで、さらに「楽に暗記できる」カバー範囲を広げることができるようになるでしょう⤴

 当然の注意になりますが、純粋に「理解」について語る際には、デタラメなことをしてはいけません。上記のような嘘の理屈を本気で信じ込んでいたら、それは学問的に誤りなのですから、むしろ勉強の障害になる可能性があります✋
 あくまで、「暗記」をする際に、「学問的に理屈が存在しないもの」、ないしは「複雑な理屈が本当は存在するが、実用的にはいちいちそれを考えるのが面倒なので、ショートカット的にデタラメの理屈で代用するもの」に対して使用するようにしてください👊


暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年02月20日

第184回暗記法42〜理解9〜

 さらに、「暗記」ならではポイントとして、「(場合によっては)理屈や理解はデタラメでもいい」ということがあります💡

 「理解をして暗記する」という手法は、圧倒的に有用なものですが、残念ながら世の中の全ての暗記事項に学問的な理屈があるわけではありません。ですから、理屈が存在しないものに関しては、これ以外の手法を取らざるをえないように一見思えます💨

 しかし、実際はそうではないのです✋
 すなわち、「本来、学問的な理屈が存在しないもの」にも、適当にデタラメな自分なりの理屈をつけてしまえばよいのです。
 もちろん、「なるほど妥当だ」と思えないようなチープな理屈程度では効果はあまりありません。しかし、いくらデタラメでも「なんだか妙に納得してしまう」というような理屈をつけてしまえば、こっちのものです👊


暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年02月13日

第182回暗記法40〜理解7〜

 では、「理解」でいうところの「既にある知識と関連づける」、すなわち「知らなかった新しい事実が、既にある知識と関連づいて妥当だと思える」という型に対応する方をみていきましょう💡
 具体的な手法は、「暗記事項がなぜそうなるのか」という理屈をつけて暗記をするというやり方になります💨

 今度は、「台形の面積」の例を再び取りあげましょう。
■台形を2つの三角形に分割することで、それらの面積の和として求めることができる。
 台形の面積=(上底+下底)×高さ÷2

 この知識を、「『上底』足す『下底』かける『高さ』割る『2』!『上底』足す『下底』かける『高さ』割る『2』!」と、ただひたすら暗唱するのでは辛すぎます。そこで、この場合なら、「なぜ台形の面積は、(上底+下底)×高さ÷2で求まるのか」という理屈を考えるなり、解説を読むなりするわけです✨
 そこで、「三角形の面積は、底辺×高さ÷2で求められる」という知識さえ前提にあれば、「台形の面積の求め方」は、あえて暗唱して覚えることではなく、「そのようになって然るべき知識」として頭の中にすんなりと蓄えられます👊


暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ