booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
booktop
注射手技に関する看護書籍が出ました!
全国の書店で好評販売中です!

本書は内容を前広に設定し、皮下注・筋注も含む注射手技全般、注射薬、看護観察、医療事故などについて取り扱っています!日頃の臨床に是非お役立てください。

2013年01月19日

第122回理解法20〜専門用語の把握2〜

 関東圏の大雪は大変でしたね雪そして、いよいよセンター試験!ファイト〜パンチ

 「成年被後見人」が何を意味するのが知らなかった人は、きっと例の法律文も理解できなかったはずです。
 もし、ここで「成年被後見人とは、簡単に言えば、判断能力のない人のことだよ」と解説をしてもらえれば、内容が理解できる人も格段に増えることでしょうひらめき

 「文章」の構成要素において、意味を持ちうる最小の単位が「単語」ですから、馴染みのない専門的な「単語」こそが、知識の繋がりの「先頭の一手」になるのです次項有
 ここでつまずいてしまうと、早くも勉強から脱落してしまいかねません。「専門用語の理解」それ自体は小さな一歩ですが、これからの勉強にとっては大きな一歩なのです眼鏡

 そして、「先頭の一手」たる、「専門用語の理解」がしっかりできたら、それを「素」に、その用語を駆使しながら説明された新たな定理や概念などを「理解」できます。すると、その定理や概念を用いたさらなる上級概念が「理解」できるようになります。
 この拡張作業をどんどん続けてください。そうすれば、膨大な知識の「理解」を達成できるはずですグッド(上向き矢印)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年01月12日

第121回理解法19〜専門用語の把握1〜

 お正月休みも、もうおしまいですね・・・もうやだ〜(悲しい顔)

 さて、この「飛躍をなるべく防ぎたい」という考え方からすると、さらなる「理解」のコツが浮かび上がってきます。それは、「(特に勉強の初期において)専門用語の理解からきちんと意識する」ということですひらめき

 勉強の分野には、一定の「業界用語」と呼べるものが存在します。つまり、その分野を除いては、日常生活であまり使う機会がないような用語のことです。これらの単語の「定義」を、大切にして欲しいのですふくろ

 例えば、第103回で挙げた法律文を再掲すると、この中では「成年被後見人」という言葉がそれに該当します。

■民法第九条:
 成年被後見人の法律行為は、取り消すことができる。ただし、日用品の購入その他日常生活に関する行為については、この限りでない。

 以上のように、その分野の教材の記述や解説は、常にこのような日常生活では馴染みのない専門用語を「当然のもの」として駆使して行われます。
 当然、こうした専門用語が何を表しているのかがわからなければ、次への知識の繋がりなど期待するべくもありません信号


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2013年01月05日

第120回理解法18〜知識間のギャップを埋める4〜

 2013年、あけましておめでとうございます晴れよい年になりますように。今年は、サイト運営にスパイスを与えるマル秘プランを用意しております!お楽しみにexclamation&question

 一方で、最も活躍の機会が多いのは「資料にコンサルトする」の方です演劇
 わからない用語を辞書で調べたり、前提となるべき知識があやふやなときにそれが書いてあった教材を引っ張り出して見直したりします。

 この方法では、そのときにやろうとしていた勉強を一度小休止して、物調べの時間を確保しなければなりませんから、効率面では「人にコンサルトする」よりもやや劣るかもしれませんダッシュ(走り出すさま)
 しかし、実際には人に質問するまでもなく、ちょっと自分で調べれば解決するようなケースが圧倒的多数です。また、いつでもどこでも優秀な先生や友人がいるわけではありませんから、問題を自力で解決するこちらの方法こそが基本形であるともいえますパンチ

 やはり、成績が優秀な人は、勉強中に少しでも「?」と思ったところがあれば、手間を惜しまずに該当部分を他の資料などから調べて潰しておく習慣をもっていることが多いですね眼鏡
 最近は、インターネットなどを活用すれば、かなり効率的に問題解決できるはずですから、以前よりは随分と楽になったと思います次項有


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年12月28日

第119回理解法17〜知識間のギャップを埋める3〜

 2012年最後の記事更新です!皆さん、今年もお疲れ様でした喫茶店

 「ギャップを埋める」ための具体的な方法は、一言でまとめると「コンサルトする」ということに尽きますパンチ
 「コンサルトする」には二つ意味合いがあって、一つは「人にコンサルトする」ということ、もう一つは「資料にコンサルトする」ということです位置情報

 最も話が早いのは、「人にコンサルトする」すなわち、「人に質問をする」ということですひらめき
 今回はこれについて扱いましょう。

 質問をぶつけることができる先生や優秀な知人が身近にいるのであれば、彼等に伺いを立てましょう。
 彼等は、学習者がこんがらがりやすいポイントをよく知っていますし、「ともすれば知識の飛躍が起りかねない部分を、上手に繋いで説明する」ということが可能なはずですグッド(上向き矢印)

 こうして、時間をかけずとも、一発で正しい答えが得られますから、自分の労力も少なくて済むわけです手(チョキ)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年12月22日

第118回理解法16〜知識間のギャップを埋める2〜

 自民党圧勝目安定感のある政権運営に期待したいですね〜。

 前回、「知識間にギャップがあるときには、必ずそれを埋める作業をせよ」ということを述べました。
 自分が、一通り解説等を読んだり聞いたりしただけでは、スッと頭に入ってこず、「わからない」と感じたとき、その原因の一つとして「知識間のギャップ」が存在します位置情報

 このような場合、原則的には、必ず理解ができるまでそれを解析し、知識を繋げる試みをしなければなりません
 なぜなら、そのギャップを放置し、それが積み重なっていった結果が「ついていけなくなる」ということに他ならないからですふらふら
 すなわち、これは「理解は積み重ねの上に成り立ち、飛躍はあってはいけない」という特徴に対応した手法になりますひらめき

 今後、また後述しますが、「まぁ、わからないけど、とりあえず先に進もう」という発想は、実際には有効なこともありますダッシュ(走り出すさま)しかし、さすがにそれを原則とするわけにはいきません

 また、現実的にも「知識間のギャップを埋める」という作業には、丸一日とか丸一週間もかかるわけではなく、少々の時間を割くだけで済むことが大半です。
 その時間を惜しんで、雪だるま式にわからないことが増えていくほうがよっぽど危険なことなのです爆弾


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ