2012年08月31日

第102回手法理論8〜勉強手法のまとめ〜

 ソニーとパナソニックがTV事業で提携目時代が少しずつ動いていきますねiモード

 ここまでで、「手法」を考える際の二つの視点が出揃いました。
 これらは、あくまで切り口が異なるだけで、見ている勉強の全体像としては全く同じものです。

 それは、よく考えてみれば当前のことです。「インプット」をしている間には「暗記・理解・継続」をしながら、「将来のアウトプットで、どのようにこの知識が使えるのだろうか」という視点で「応用」も意識します。
 そして、「アウトプット」をしているときも、「インプット」で入れた知識の再確認として、もしくは問題内容そのものの「理解・暗記」をしなければなりません。当然、「アウトプット」の「継続」は必須ですし、知識の「応用」に関しては言わずもがなです。

 つまり、「手法理論1」及び「手法理論2」の視点は表裏一体なのです。

 以上をまとめて、この二つの切り口を各々「x軸」および「y軸」と名付け、両軸から勉強手法を眺める形にすると、全体像が把握しやすくなると思います。「x軸」のプロセスに従いながら、同時に「y軸」のプロセスにも従って勉強を進めることで、全体として正しく勉強が進行しているということになるわけです。
 この様子を図示すると以下のようになります。

xy.png

 次回からは、「手法」の具体的な内容に入っていきます。
 その展望は、「x軸」に沿った解説が「理解法」〜「応用法」まで、そして「y軸」に沿った解説が「インプット」〜「インプットとアウトプット」までになります。サイドバーのカテゴリをご参照ください。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ