2012年06月20日

第84回スペック8〜応用力1〜

 ギリシャは一応、緊縮財政派が政権をとったんですねダッシュ(走り出すさま)

 スペックの最後は、「応用力」ですグッド(上向き矢印)これは、「理解力・暗記力・継続力」よりも一つ上の段階の才能ですので、そのような視点で注目してみましょう位置情報

 「応用力」がどんな力であるかを想像するには、数学の勉強を例にとるのが簡単です。
 例えば、数学で試験問題を解こうとするとき、前もって授業や教材で習った問題と一字一句同じであるような問題が出るわけではありません。それでも、自分が知っている解法や知識を組み合わせ、利用をすることでその問題を解くことができます。
 つまり、習ったことを「応用する」ことで、知らない問題を解くことができるのです。この力こそが「応用力」に他なりませんひらめき

 また、「応用力」をもう少し広い意味で捉えると、「スピード」も含めることができます車(セダン)
 実践的な場で「問題を解くスピード」とか「考えるスピード」も、「時間さえあればできる」というレベルから、「素早くできる」というレベルにランクアップするために必要な、一種の「応用力」と考えて差し支えないと思います。

 ここまでの話でわかる通り、「応用」の前提には「理解・暗記・継続」に基づく知識がなければなりません。数学の例で言えば、まず「習ったこと」を覚えていて使える状況に達していなければ、その「応用」など出る幕がないのですもうやだ〜(悲しい顔)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年06月27日

第86回スペック10〜勉強の才能のまとめ1〜

 復帰した松坂選手は、なかなか勝ちに恵まれませんね足

 ここまでで、勉強において一般的に必要な才能が出揃いました。
 順に追っていく中で、それぞれの関連性などについても触れてきましたが、おさらいの意味も込めて、全体を整理しておきましょうダッシュ(走り出すさま)

 まず、「理解力」→「暗記力」→「継続力」と出てきたわけですが、このように並べた理由には二つの観点がありました。
 一つは、勉強のプロセスにおける順番です次項有すなわち、「理解し、それを暗記し、それらの作業を継続する」ということです。
 もう一つは、「体よく好成績をあげる」ために重要な順です。この観点からは、「理解力」と「暗記力」が二大巨頭であり、それを背景から支えるのが「継続力」という形になります右斜め上

 また、これら三つの才能は、各要素同士が補完し合うことができるという性質を持っていますひらめき
 例えば、「理解力」が足りないなら、「暗記力」をもって丸覚えしてしまうとか、「継続力」をもって理解できるまで根気強く向き合うといったような形がとれるわけです。
 そして、まずはこれら三つのスペックによって、学力の8割以上は決まるといっても過言ではありません。

 以上のような相互関係を図示すると、以下のようになります位置情報
triangle.bmp


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年06月30日

第87回スペック11〜勉強の才能のまとめ2〜

 南鳥島付近に大量のレアアース発見!いいですね手(チョキ)

 前回の3つの才能に加えて、最後に登場したのが「応用力」です。「応用力」は、「暗記力・理解力・継続力」を前提とすることで大幅な実力上昇に貢献する、一段階高次の才能ですペン

 つまり、「暗記力・理解力・継続力」が互いに補完をし合いながら土台をつくり、その土台からステップアップする形で「応用力」が頂点に存在するというイメージになりますひらめき
 この概念を、先の図に加えると以下のように模式的に描くことができます。
 tetra.bmp

 この四面体の体積が、総合的なスペックだと考えるといいと思います眼鏡つまり、スペックの各要素は、指数関数的に作用するのです。
 例えば、四つの才能がそれぞれ並より1.5倍優れていれば、総合的なスペックとしては1.54≒5倍、すなわち「5倍も頭がいい」といった感じになります。一方で、もし何かが不足しているのであれば、他のもので埋め合わせをするように作戦を練る必要があるというわけです。

 是非、皆さんも勉強に臨むにあたって、もしくはその過程で、「自分が優れている才能や、逆に劣っている才能を見抜き、戦略に役立てる」という視点を持ってみてくださいるんるん


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年07月07日

第89回スペック13〜勉強の才能の評価2〜

 さすがにジメジメと暑くなってきましたね小雨

 さて、ここまででしっかり意図を汲み取って、本気を出していただければ幸いなのですが、そんなに簡単にことが運べば誰も苦労はしません。馬耳東風に聞き流してしまう人もたくさんいると思いますダッシュ(走り出すさま)

 そのような人達でも、間違いがなくなるようにするにはどうすればいいでしょうか。

 そこで、「勉強の理論式」の登場と相成るわけですひらめきしっかりと、「勉強量」と「時間」からペースが算出されるのですから、それに必死に食らいついていけば、一定の成果が得られるはずです。

 そして、「限界まで勉強してみる」という過程の中でスペックを評価する際に、これまでの各論的な分類を参考にするとよいでしょう。わけもわからず勉強して、「やっぱり勉強の才能がない」などと嘆いても、あまりにも漠然としています。真っ当な分析とは、「どの才能が優れ、どれが劣っているか」というレベルまでするものですパンチ

 ですから、「全ての才能を、一気に発揮してやろう」などという芸当を高望みするのではなく、まずは「理解力」から順に、「暗記力」そして「継続力」、「応用力」と、一つ一つ力を出し切っていくという形で実践してみてください雷


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年07月11日

第90回スペック14〜勉強の才能の優劣1〜

 最近の管理人ですが、極めて多忙です・・・ふらふら

 今度は、スペックの「優劣」について考えてみましょう。

 人によって勉強のスペックには大きな差があります。これは、生まれつきのものです目
 例えば、生まれもって運動に得意か不得意かの違いがあるように、勉強にも全く同じことが当てはまると考えれば、至極当然の事実です。
 そして、「どうして運動が苦手なのか?」という疑問が無意味なように、「どうして勉強の才能が劣るのか?」と問うことはナンセンスといえます。
 結構、天才肌の人って「なんでそんなこともできないの?できない理由がわからない」なんて態度をとったりしますが、そんなこと言われても・・・という感じですよねあせあせ(飛び散る汗)

 世の中には、「努力で才能の差は克服できる」という主張もありますが、脳科学的には「努力できることが一番の才能」とも言われていますし、本サイトでも前述の「継続力」の内にそれを含めています。
 結論的には、元来、勉強のスペックとは不平等なものであると考えるべきでしょう爆弾

 勉強に臨むにあたって、この「スペックには優劣がある」という事実には目を背けずに、冷静に受け止めておく必要があります。ただし、それはネガティブな意味ではなく、あくまで勉強の仕方を工夫したり、見通しをよくしたりするためです眼鏡
 ごく一握りの人間を除けば、「どんな才能も一級品」という人は存在しません。そんな中で、上手くやり繰りしながら、なんとか成績を間に合わせていくということも立派な「勉強」の一つなのですひらめき


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ