booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
booktop
注射手技に関する看護書籍が出ました!
全国の書店で好評販売中です!

本書は内容を前広に設定し、皮下注・筋注も含む注射手技全般、注射薬、看護観察、医療事故などについて取り扱っています!日頃の臨床に是非お役立てください。

2012年05月26日

第76回意志18〜勉強の強制2〜

 生活保護不正受給問題には喝exclamation×2これも時代の変遷に伴って調整が必要な制度なんでしょうね。

 人間は、誰しもが生まれた瞬間から勉強にやる気を持っているはずはありませんいい気分(温泉)にもかかわらず、最後には「勉強しておけばよかった」と後悔することが多々あります。管理人も、「後悔」をしているということはあまりありませんが、今は「学生時代に、勉強しておいてよかった」とつくづく思います。「もっと色々学んでおけばよかった」さえ思います。
 つまり、その中間のどこかに、考えの切り替わりのポイントがあるはずなのですひらめき

 この切り替わりの時点で、「手遅れ」の状況になってしまうのをなんとか防ぎたいところです。そこで、切り替わりポイント以前まで、強制力の下で嫌々ながらも勉強してきたとなると、「手遅れ」にならなくて済むわけですダッシュ(走り出すさま)
 わかりやすく例を挙げると、18歳の少年が「東京大学に行きたい!」と思い立ったとしても、その時点で小学生レベルの四則演算も掛け算九九も知らないというのでは、局面を打開するのは非常に困難です。一方、まがりなりにも高校に通っていて、一通りの高校数学まで学んできているのであれば、本人の意志さえ伴えば、十分に夢の実現の可能性があるのですパンチ

 「とりあえず強制に従っておく」という考えは、あくまでも次善策であるということを認識した上で、上手くその波に乗っていければ、有効なものです
 定期試験とか宿題などの最低限の勉強をやらされるだけでも、何もしないのに比べたら、かなりの恩恵があります。世の中には、「もっともっとやらない人」の方が遥かに大勢いますから、それだけで十分、いざというときに有利な状況から戦いを開始できるのです手(チョキ)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年05月23日

第75回意志17〜勉強の強制1〜

 さて、「意志」のセクションも残り2回まで来ました次項有内容的には少々谷間が続いていますが、どうぞお付き合いを。

 動機とそれに基づく意志は、本人の内面から湧き出てくるものでなければならないというのが大原則です。その助けとなるように、ここまで内容をまとめてきましたが、それでもなお、やる気が沸いてこないという人が多いと思います。

 このような人々は、何かのきっかけがない限りは現状を打破することは不可能なので、無理に焦っても仕方がありません
 その場合、最終手段になりますが、「強制される」という手に従うことが次善策となります位置情報

 実際、大人や教育者は「この子の将来のために」という一心から、嫌がる本人をつかまえて勉強をさせます。受験などの社会システムもその意味合いを含んでいます。管理人の場合は、いずれのパターンも、もろに影響を受けました。
 他にも、社会人でも、「○○の資格を取りなさい」と会社から命じられるケースがあると思います。

 このように現実的には、「強制される」ということは、勉強をする際の非常に一般的なあり方なのですひらめき

 無論、「強制されるから勉強する」という考え方では、自らの意志をもった勉強の足元にも及びません。学業成績はもちろん、「広義の教養・学問」ともなれば、かなり引けをとってしまいます。
 しかし、どんな時代でも「強制」が堂々たる役割を持ち合わせていることも確かです。なぜなら、本人自身が意志を持つまでの「つなぎ」の役割を担うからですパンチ


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年05月19日

第74回意志16〜後悔先に立たず2〜

 一応、景気判断は上方修正されたんですねダッシュ(走り出すさま)

 もう一つの後悔するパターンとは、机上における勉強と、現実世界での実務的活動の間に不適合をおこしてしまった場合です。
 すなわち、勉強以外でも通用する「エッセンス」を身につけなかったために、せっかく学んできたことが生活に役立たないということが問題になりますちっ(怒った顔)

 周囲に促されるままなんとなく勉強すれば、一定の学歴と社会的地位は手に入るかもしれません。しかし、「本当に使える知識や実力」がほとんど身についていなければ、「学歴ばっかりよくて、何もできない奴だ」などといって、むしろバッシングの対象になりかねません。

 以上のように、勉強が持つ意義を踏み外したとき、人は後悔することになります。

 人間は、おしなべて「後悔する生き物」ですたらーっ(汗)例えば、勉強以外にも、防災とか生活習慣など、「後悔する」ことになる原因はそこらじゅうに転がっています。
 そして、「避難用具は準備しておいたほうがよい」とか「喫煙はしないほうがいい」といったことと同様に、「勉強はしておくほうがいい」ということが一般的に言えるのですひらめき

 まぁ、こんなことを言うだけで皆が勉強するようになってくれたら、誰も苦労しないんですけどね(^^;)医者が、生活習慣病を予防するために、自覚症状の全くない人にうまく説明して薬を飲んでもらうのと同じように、勉強に関しては、この辺りは教師や教育者の腕の見せ所となります。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年05月16日

第73回意志15〜後悔先に立たず1〜

 ギリシャがまた、きな臭い雰囲気に・・・たらーっ(汗)

 ここまで、代表的な二つの勉強の意義について述べました。
 今度は、最終的にそれらを包括する概念として「後悔先に立たず」ということを提示しておきます。

 簡単に言うと、「いずれ勉強しなかったことを後悔するくらいなら、勉強しておけ」ということです猫

 いい年齢になってから「若い頃もっと勉強しておけばよかった」と後悔するケースは、しばしば存在します。それは、中年〜高年になってからの場合もありますが、最近は景気もよくないので割と早い年代でも、同じことを思うことがあるかもしれません。
 これは結局、具体的には何に後悔しているのでしょうか?

 まず一つ、単純に考えられることは、稼ぎや収入、生活の面で苦労してしまったということです。すなわち、「よりよく稼ぎ、生きるため」という意義に対応しますひらめき
 かつては何も考えず遊び呆けていたものの、いざ社会人として生きていくとなったとき「やはりちゃんと勉強して、もっと良い仕事に就けるようにしておけばよかった」と考えるようになるわけですあせあせ(飛び散る汗)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年05月13日

第72回意志14〜広義の教養・学問2〜

 また、欧州の雲行きが若干怪しくなってきましたが、はたして・・・曇り

 人間は、いつも何かしらの社会活動をして暮らしていますが、そこでは様々な課題や問題にぶち当たります。それを一つ一つ解決しながら成長していかなければ、上手く生きていくことはできません。しかし、毎度新しい問題に遭遇するたびに、行き当たりばったりの解決策を模索していたのでは、埒があきませんー(長音記号2)
 そこで役立つのが、学習してきた「エッセンス」なのですひらめき例えば、「あのときは、こうして解決できた」という体験をもとにすることで、「今回は、こうやってみればいけるかも」という策が効率よく思い浮ぶようになるわけです。

 それを、もっとも幅広く、そして万人にとって無駄ない形でトレーニングできるのが「勉強」という場なのですexclamation×2
 種々の科目を経験する中で、バリエーションに富んだ「物事の活用・応用・適用の仕方、当てはめ方、考え方」といった論理的思考を学ぶことができます。また、題意や意図を読み取る力がつきます。一見、自分の仕事や生活に無関係そうな科目の勉強だって、その先に待ち受ける社会生活のほうが遥かに広大な範囲と分野を持つのですから、意外なところで役立つ可能性が大いに存在します。
 より大きな視点で眺めると、適切な計画を立ててその通りに勉強し、実際に成績が上がるというプロセスを通じること自体によっても、あらゆる事柄に通用する「成功のエッセンス」が身につくでしょうパンチ

 
 管理人自身、仕事をしていると新たに勉強しなければいけないことや、実地的に新たにクリアしなければならない課題には常に面し続けているわけですが、かつての学生時代(とりわけ大学受験生時代)の経験をもとにすれば、自然と「こういうタチの問題は、こう勉強すればこれくらいで解決できるだろう」といったようなことが見極められている気がします。

 以上のような意味での教養・学問は「広義の教養・学問」と呼べます。これは、外から直接見えないだけで、確実に「人生の縁の下の力持ち」として効力を発揮しているものなのですグッド(上向き矢印)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ