booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
booktop
注射手技に関する看護書籍が出ました!
全国の書店で好評販売中です!

本書は内容を前広に設定し、皮下注・筋注も含む注射手技全般、注射薬、看護観察、医療事故などについて取り扱っています!日頃の臨床に是非お役立てください。

2012年03月03日

第53回勉強量19〜周数の決定2〜

 最近話題の「洗脳」ですが、どうしてそうなってしまうんでしょうかねがく〜(落胆した顔)

 周数の目安の答えは、「ひとまずは3周」です位置情報概ね、世の一流の学習者、すなわち、超難関資格の合格者や、超高学歴な人がこのような感覚を持っていると考えておいてください。
 あくまで「ひとまずは」であるということに留意してください。これは、一流の学習者をもってさえも、「3周して、ようやく形になってきたかな」という印象を持てるということです。決して、「3周で完璧になる」という意味ではありません時計ですから、彼等自身、3周した後も試験直前まで、やれる限り4周、5周・・・と続けていくのです。

 かつての管理人自身の場合ですと、「1周:一通りやっただけ。あまり頭には残っていない」、「2周:割と頭に残る。このままの状態で試験に臨んでも、無残な目にはあわずに済む」、「3周:無難に試験に臨めるが、優れた成績までは期待できない」といったくらいの感覚だったと思いますダッシュ(走り出すさま)
 もちろん、これは教材の分厚さや、その扱う内容等によっても左右されますが、一般的な学習参考書に関しては概ね当てはまります。

 「なるべく対象を見ずに、先生のように他人に説明できる」というレベルに到達するのは、凡人なら、1〜2周程度ではまず不可能なことです。しかし、あまりに当初の周数の設定が多すぎると、勉強の苦手な人はペースのハードさについていけずに諦めてしまうかもしれません。
 そこで、「絶対に死守すべき、周数の防衛圏」として、ひとまず「3周」を想定しておくのが、最も間違いが少ないと思われますひらめき


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年02月28日

第52回勉強量18〜周数の決定1〜

 年度末は忙しいので、「予約投稿」に結構お世話になっています(^^;)

 ただし、注意すべき点は、具体的に何周すればいいのかは、人それぞれで異なるため、一つの解答は出せないということです位置情報
 同じ教材をやるにしても、頭のいい人だったら、たった1〜2周その教材をやり込んだだけでも、「なるべく対象を見ずに、先生のように他人に説明できる」というレベルに到達できてしまうかもしれません。
 一方で、そうでない人の場合は、10周もやり込む必要があるかもしれません。

 すなわち、そのレベルへの到達が「完成」であり「ゴール」だということは確実に言えても、「具体的に何周やればゴールなのか」という問題は、個人差に大きく影響されてしまうのです。
 これは、本サイトで扱う「原理原則」という範疇から逸脱して、オーダーメードの領域になってしまいますアート例えば、実際に家庭教師として教えている場合は、生徒の置かれている状況や彼自身のレベルを詳細に知ることができますから、それに従ってアドバイスをすることができます。しかし、なかなか一般化をすることまではできません。

 ですから、この場で責任をもって提言できるメリットは、「教材を何周まわすかを仮決定することで、理論式への導入がしやすくなる」ということまでですダッシュ(走り出すさま)
 基本的には、「何周」が自分にとって最適な周数であるかは、自分の感覚に従って決めていただくことになります。
 しかし、なるべく皆さんの勉強に役立ちたいので、絶対的な解答ができるわけではありませんが、精一杯の背伸びをして目安を示しておくことにしますexclamation
 その答えは、また次回に手(パー)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年02月25日

第51回勉強量17〜理論式への適用〜

 日経平均株価がジリジリ上がってますね眼鏡

 ここまでで、「どのくらい勉強すればよいのか」ということに関しては、かなりイメージが掴めたのではないかと思います。そして、勉強戦略を立てるのに際して、既に紹介済みである「勉強法の理論式」に、この勉強量を改めてあてはめることになりますfax to

 その際に、工夫できるのは、「その教材を何周やるか」というところまで決めるということです。これによって、勉強量の指標を、より一層具体的なものとすることができます。
 とりわけ、自分の「スペック」が把握できていない大半の人の場合、「勉強量÷持ち時間」から勉強のペースを算出する必要があります。「教材を何周やるか」さえ決定してしまえば、それに基づいた「教材の延べページ数」がわかりますから、それを月日で割り算することで、「○ページ/月」とか「○ページ/日」といったように、極めて明確な指標まで出せるのですパンチ
 例えば、300ページの教材を、3周まわすとすれば、延べ900ページです。すると、あなたの持ち時間が1年間なら、「75ページ/月」もしくは「2〜3ページ/日」のペースでその教材をこなしていけば、勉強は成功するというわけです。

 ここまで勉強量の目標が身近なものになれば、サルでも勉強計画が順調に進んでいるかどうかを判断できるはずです。このように、教材セットを用意するというだけに飽き足らず、数字的にも裏付けをすることで、計画はもう一歩成功へ近づくに違いありませんダッシュ(走り出すさま)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年02月22日

第50回勉強量16〜先にセットを用意2〜

 最近の季節は三寒四温といったところですね雪晴れ

 もちろん、前回のようにして、事前に教材を全て揃えたとしても、一切変えてはいけないという意味ではありません飛び道具的な実力養成教材や、塾の追加講座など、現実的には適宜追加されていくものもあるでしょう。それは全くもって構いません。

 ただし、少なくとも「合格のための中心戦力」となる大方の教材集には目処をつけておき、その他のものは「(余力があるから)+αをしていく」という認識を持っていると、ブレない勉強法になることは間違いありませんパンチ


 このような作業をするもう一つのメリットは、「どんな教材が必要か?」ということを自分の頭を使って考えるきっかけにもなることです。
 確かに、必要な教材は外部情報に頼ることで効率的に得られるものです。しかし、自分の目の前に揃えるという行為を通じることによって、「これらをやるだけで、本当に合格できるか?足りないものはないか?」と吟味し、勉強のプランをより一層自分自身のものとして固めることができるはずですグッド(上向き矢印)
 例えば、いざ勉強を始めてみたら、意外と予定に余裕がなくなってしまい、手元にあるすべての教材はやれなくなってしまうかもしれません。こんなときには、「絶対的な教材セット」に含まれないような余剰教材から優先的に棄却するようにすればいいでしょう。これで、多少は成績が落ちるかもしれませんが、「合格or不合格」という最も重要な問題には全く影響しません。
 このようにして、精神的にも実務的にも揺らぐことがなくなるのです。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2012年02月18日

第49回勉強量15〜先にセットを用意1〜

 メタンハイドレートの試験採掘!!待ちわびていましたよ、この時をパンチ

 前回までで「勉強量」、そしてそれを支える「質」までもが決まりました。あとは実行に移すだけですが、その際にコツとなることをまとめておきます。
 「勉強量」を決定する基本モデルは、「世間一般的に必要十分とされている教材セットを隅々まで、なるべく対象を見ずに、先生のように他人に説明できる」というフレーズに集約されましたひらめきそして、このモデルでは、ビシッと絞った教材セットを徹底的にやり込むことが明確な達成目標でした。

 この内容を踏まえた上で、一つお奨めの方法をご紹介します。それは、本格的に勉強に臨むスタート時点で、「必要十分な教材のセットを先に全て用意してしまう」というものです。
 「これだけやれば、穴はない!」という教材セットを、前述の選択法に従って全て揃え、机の前にでもズラッと並べてしまってみてください。時間をかけて、一つ一つ手をつけていく順に買い揃えていくのではなく、先に揃えてしまうのです。
 このようにすれば、達成目標が概念上のものだけでなく、目の前により具現化された状態で現れることになりますモバQこれで、「今、目の前にあるこれらの教材を、試験日までに隅々まで完成させることができれば合格。そうでなければ不合格」というところまで落とし込むことができました。

 実際にやってみるとどう感じるでしょうか。「こんなもので十分なのか。意外とやれそうだ」と思えた人はしめたものです。
 逆に、「こんなに何冊もの本をやりきるなんて経験をしたことがない」という人もいるかもしれません。しかし、裏を返すと、そんな人は命拾いをしたということでもあります。さもなければ、間違った見積もりで、明らかに敵わない勝負に挑む運命にあったのですから、そこは前向きにとらえましょう次項有


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ