booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
booktop
注射手技に関する看護書籍が出ました!
全国の書店で好評販売中です!

本書は内容を前広に設定し、皮下注・筋注も含む注射手技全般、注射薬、看護観察、医療事故などについて取り扱っています!日頃の臨床に是非お役立てください。

2011年10月22日

第29回時間9〜危険なマイペース2〜

 突然冷えてきたせいか、軽い風邪をひいてしまいましたふらふら

 つまり、一般的には、ずばり「マイペースでは遅い」のですむかっ(怒り)このような人達は「マイペース」という名目の下に、「こんなものだろう」という甘いスピードでしか勉強しません。ゆえに当然、勉強プランは破綻し、良い結果は得られなくなってしまいます。すなわち、多年浪人とか、何度も試験に落ちるとか、滑り止めで妥協するとか、挙句には諦める・・・といった結末が典型的です。

 「要求されるスピードが辛い、苦しい」という気持ちはよくわかります。その気持ちは勉強の得意不得意にかかわらず、皆にとって共通です演劇誰だって、息を切らすほど全力ダッシュをさせられるよりは、気持ちのよいジョギングを好みます。
 しかし、残念ながら、そのような感情論と自分が「目標を達成したい」という現実は、基本的に別次元のものです。「ダッシュしなければ、期間内にゴールできない」という状況なら、本人がジョギング好きであろうとなかろうと、血反吐を吐きながらでもダッシュするしか解決策はありません。
 しかも経験的には、本人が当初「辛い」と泣き言を漏らすようなペースであっても、諭しながら無理矢理それを続けさせていると、なんだかんだとついて来られるようになるものです。人間は、それくらいの底力なら余裕で秘めていますパンチ

 実際、管理人がかつて指導してきた学生達も、「客観的に要求されているペース」を提示してあげると、「いまだかつて経験したことのない、とんでもなく速いペース」だと皆が感じ、「そ、そんなに勉強できないです・・・」という反応をしたものです失恋
 しかし、「いや、君に頑張って欲しいとかそういう次元の話ではなく、この算出したペースでやらないと合格不可能なのは、ただそこにある‘事実’なんだよ。それを受けて、このペースに食らいつくつもりがあるかどうかは君次第」という感じで押すと、「やってみます・・・」となります。
 そして、確かにはじめのうちはヒーコラ言うわけですが、不思議なことに数ヵ月後には、そのペースについてこれるようになっているか、そこまでいかずとも、かつて本人が「限界」だと感じていたよりも遥かに優れたペースで勉強をしている姿がみられるのですペン


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2011年10月15日

第28回時間8〜危険なマイペース1〜

少し遅れましたが、ジョブズ氏に合掌三日月

 「時間=所要時間」というアプローチを取れる人にとっては、「マイペース」の勉強をすることも問題ありませんでした。しかし、そうでない人にとっては、「時間=持ち時間」という立場に立った上で、逆に「マイペースの愚」を指摘しておかなければなりません。平たく言えば、「自分が心地よいと感じるスピードなんて遅いに決まっている」ということです船

 世の中には、勉強(仕事でも)をする際に、しばしば「自分のペースでやらせてくれ」と主張する人がいます。この主張自体が頭ごなしに間違いだというのではありませんが、それに値するにはいくつかの条件をクリアしていなければなりません位置情報

 第一には、自分の「意志×スペック×手法」がわかっている人です。これは、もう説明不要でしょう。
 第二に、当人の「マイペース」が要求されるスピードよりも速い人です。塾や学校のカリキュラム進行が遅すぎて、「こんな程度では生ぬるい。もっと速いペースで勝手にやらせろ!」というのなら、何も問題ありません。
 第三に、勉強時間に制限のない人です。最終的に試験を控えていて、それに向けて勉強しているわけではなく、自己を高めるために日頃から教養的な勉強をしている場合も、焦る必要は全くありません。

 さて、お気づきの通り、「今、勉強しようとしている人」の中において、多くの人は以上のいずれにも当てはまらないと思います。そして、そのような人が主張する「マイペース」は果たして十分に速いものでしょうか。答えは否です爆弾
 あえて手厳しく指摘するとすれば、概して「自分のペースでやらせてくれ」という人は、「要求されるスピード」が苦しいから、もっと遅いほうが心地よいからこそ、「マイペース」という聞こえのよいフレーズをもって自分を正当化しようとしているはずです人影


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2011年10月09日

第27回時間7〜持ち時間という考え方2〜

 秋の連休っていいですねかわいい

 「持ち時間」というアプローチの具体的な状況は以下のようになります。
 A君は、残念ながら自分の「意志×スペック×手法」に関しては正確に把握できていません。そんなA君ですが、1年後には受験を控えています。A君は、名門校であるB学校を目指すことにしましたペン

 この場合、勉強法の理論式において、先に「時間」が決定されています。つまり、A君は1年後に有無を言わさず受験を控えているのですから、「時間=持ち時間=1年」と自動的に決まってしまうのです。すると、「勉強量」と「持ち時間」の関係から、今度は「客観的に要求される勉強のスピード(=意志×スペック×手法)」が算出されます

 ですから、A君は、「意志×スペック×手法」の自己分析はできていないものの、「とりあえず精一杯頑張って、要求される勉強のスピードに必死に食らいついていき、B学校を目指す」というスタンスをとることができます
 そのペースを1年間守ることができれば、B学校に合格できるし、そのペースから脱落すればB学校には不合格となり、他の滑り止め校で妥協するという結果になります。このように、かつて「自分の限界をみた」という経験をしたことがなくても、擬似的に正しい勉強スピードをもって勉強プランの決定ができるわけですパンチ

 よく考えてみると、ほとんどの人は、このような現実策の適用対象であるはずです。本来、こちらの「時間=持ち時間」というアプローチを採用すべきなのに、格好だけは「時間=所要時間」の真似事をしてしまっているということが、多くの人が勉強を失敗する理由のうちの一つになっています爆弾
 もちろん、当面はこの現実的アプローチで勉強するようにして、その過程で「精一杯頑張る」のですから、自分の限界もみえてくるはずです。すると、それ以後の別の機会には理想形の戦略決定法に切り替えることができるでしょう。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2011年10月01日

第26回時間6〜持ち時間という考え方1〜

 今週は割りと平和に過ごせた気がしますいい気分(温泉)

 今回から、「時間=持ち時間」と捉える、より現実的なパターンの解説へと段々入っていきます次項有

 前回までに解説してきた「時間=所要時間」という捉え方は、理想的ではありますが、現実的にその戦略を取れる人は少ないと述べました。実のところ、自分の「意志×スペック×手法」を正確に把握できている人が極めて少ないのです。
 なぜなら、「手法」はともかくとしても、「意志」や「スペック」が関わってくる以上、少なくとも一度は、「頭も体も焼き焦げてしまうくらいに死力を尽くし、自分の勉強の限界をみた」という経験がなければ、これを把握することができないからです爆弾
 車に喩えれば、アクセルが床にベッタリくっつくまで踏み込んでみて、出せる最大のスピードを試してみなければなりません車(セダン)人間には、「あなたの勉強の限界スピードはこれぐらいです」という取扱説明書などついていないのですから、一度はそうしてみないと本当の力を見極めることができないのです。
 これを踏まえると、おそらくほとんどの人が、本当の意味で自分が出せる勉強スピードを把握できていないと思います。「自分の能力なんてこんなものだよ」と思っているものは、あらかたハズレだと考えてください。多くの場合、人間は自分の浅はかな見積もりよりもずっとずっと大きなポテンシャルを秘めているものですプレゼント
 これに当てはまる大部分の人達は、「所要時間」というアプローチのような「理想形の戦略決定」を採用することはできません。その真似事をしても、十分な勉強スピードなど発揮される由もなく、必ずやベストよりも低いレベルで妥協することになるでしょう。

 それでは、現実的にはどう勉強戦略を決定するのが妥当でしょうか。その答えが、「時間=持ち時間」という考え方になりますひらめき


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2011年09月24日

第25回時間5〜マイペース2〜

 また台風で大きな影響が出ました台風がんばれ日本exclamation×2

 「マイペースで勉強が可能」という意味では、逆に、「いつまで溜めておけるか」、すなわち「どのくらいギリギリまで勉強しなくても、間に合わせることができるか」という発想で計画を立てることも可能です眠い(睡眠)
 理屈は簡単です。理論式に従って、当該勉強量を自分の最大限のスピードで割り算すれば、所要時間が求められるわけですから、現時点でそれより多くの時間がある状態なら、「もっとサボれるな」とわかるわけです。別に、この「サボる」は悪い意味ではなくて、その他の科目の勉強とか、様々な活動時間に回すことができるということですゴルフ
 以下に参照図を示しておきます。
mypace1.bmp

 さて、これを前回の考え方と組み合わせることも自由自在です。例えば、「○月までには、ゆっくりしたペースで下地だけ作っておいて、□月からは本気モードで一気に実力を上げていこう」といったようなこともできるわけです。
 同様に、参照図を示します。
mypace2.bmp

 これらの戦略的バリエーションは、皆さんは本能的に「それらしいもの」をやってしまっていることが多いかもしれません。
 しかし本来、自分の「意志×スペック×手法」がよくわかっていない場合、それはプラン失敗のリスクを伴う非常に危険なやり方です爆弾実際、過去の自分を省みれば、「『まだ大丈夫』と思ってのんびりしていたら、結局、最後は火の車になった」というケースが多いのではないでしょうか。
 正しい「時間=所要時間」というアプローチは、本来そのようなミスとは無縁のものでなければなりません。確かな自己分析に基づいて、意識的にこのような戦略を立てられることと、たまたま結果的にそれらしくなってしまうことは、似て非なるものです位置情報


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ