booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2019年04月06日

英作文トレーニング講座開始!

 また先日からひっそりとYoutubeチャンネルの方で新規講座を始めましたのでお知らせします🚩

 昨年度は「英文読解トレーニング講座」の公開を行いましたが、今年も講習相当程度のコンテンツとして、英作文の講座をアップします。
 週ペースで少しずつアップして、2019年冬前には完了予定です(全部で約120講義の見込み)。よっぽどな事故でも起きたりしない限り、必ず完了を保証しますので、2019年度受験生(2020年の受験生)も安心してご利用いただけます。


 以下の再生リスト、またはMANAVIEサイト上でご活用くださいm(_ _)m




 本講座は、スタンダードな英作文トレーニングを目的としています。特徴は以下の通りです。

日栄社の市販教材『発展30日完成シリーズ 英作文(中級・上級)』に準拠。
 「安くて、薄くて、中身が濃い」と定評のある日栄社のご厚意によって、同社のテキストに準拠させていただきました⤴
 non-nativeの英語講師にとって、英作文は題材を用意するのが結構大変なのですが、おかげ様で良質な完結的コンテンツを送り出すことができました。
 是非、皆様もお手元に同テキストを用意して受講いただければ幸いです。
 同シリーズのレベル違いの教材も出ています。本講座を皮切りに、日栄社の教材を是非どんどん活用してもらえればと思います✋

「英借文」領域を重点強化。
 イントロ動画でも述べていますが、英作文には、「英借文」というフェーズと、自由英作文のフェーズがあります。ほとんどの方は前者が目下の重要課題であって、実際の試験でも大半はそれでカタがつくということを踏まえると、とにかく「英借文」領域にフォーカスを当てることが大切だと考えられます。日英社の英作文教材も、実際にそれに相当しています👓
 また、アウトプットである英作文のトレーニングをするには、きちんとしたインプットが先行している必要があります。「箸にも棒にもかからない」というレベルで問題に手がつけられないと感じてしまった方は、SOELなどを用いてインプットをまずやってください👊


 インプットはSOELでバッチリ。アウトプット4技能のうち、リーディング・ライティングをカバーすることになりました。
 リスニング/スピーキングは私が手がけるべき領域ではないので、英語コンテンツに関してもひとまずの完結をみたということになります。いわゆるペーパーテストに対する対策は、私のコンテンツだけでほとんどの方にとって十分といってラインアップになっています。変なカリスマ系英語教師の講義よりはるかに優れていますので、地味にガチで成績を伸ばしたい人はご活用ください💨



※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年01月05日

「ガチ人材」形成の再体験

 2019年あけましておめでとうございます☀
 今年は年号も変わる年です。私自身もキャリアの面でいろいろ転換点を迎える年になりますので、いろいろ動きを見せていきたいと思います⤴


 今日は、これまでとは少し違う角度から、私が公開しているWebコンテンツについてお話ししたいと思います。

 私の講義群(生物・英語)は、何度も述べてきたように、飾り気はないですが「ひたすら本気」のコンテンツでありまして、これらを学習の中心に据えて(補助的な使用でなく、メインの教材として据えて)医学部合格を勝ち取ったという方々が結構います(そして、今後も増え続けるでしょう)✊

 そのような彼等のうちの一人(現在の医学部生)に先日お会いする機会がありまして、話を伺ってきました。

 その中で、「とらますく先生の講義を完遂することで、‘学び方'そのものを学ぶことができた。今の自分には、今後どんなに知らない科目や課題に向き合ったとしても、そこで体得した方法でそれをクリアしていくことができる自信がある」と言ってもらえたのです👀


 これは本当に有難く、そして素晴らしいことですね。
 私の講義コンテンツの作りは、その奥にあるメッセージが、届く人にはきちんと届くのだということに改めて確信を持つことができました⚡

 上記の言葉の意味が皆さんには伝わるでしょうか?



 一般論として、学習のレベルは以下のように上昇していきます。

やる気がない
→(A)やる気が出る
→(B)初級
→(C)中級
→(D)上級

 アルファベットを振っている部分が、ボトルネックになる部分なのですが、予備校を含めたいわゆる従来型の教育コンテンツって、「(A)(B)」というセットか「(C)(D)」ないしは「単独(D)」といったようなセットしか提供されていないわけですよ💨
 ちなみに、「単独(A)」しか価値を提供していないのが、‘旧き良きエセ・カリスマ系予備校講師’です。

 いや、もちろん予備校の基礎コースと応用コース両方とれば原理的には全ボトルネックへの対応は可能ですよ(まぁ、それでも所詮は虫食い的ではあるのですが)。しかし、それぞれのコースは通常年間コースで設定されているわけですから、その通りの効用を得るには「1年目基礎コース→2年目応用コース」といったように、段階を経て受講しなければなりません。そんな律儀な受講をする生徒なんかほとんどいませんよね?(笑)
 ほとんどの凡人は、わけもわからず「自分のレベルに合っている(と予備校からすすめられる)コース」を受講して、なんとなくの知識をつけて、なんとなく志望校に受かっていくのが現実です。そもそもが、極めて高い確率で「虫食い学習」になるようにしかデザインされていないのです。
 そして、量産型の大学生〜社会人になっていきます💥


 私は、私の講義を通して、そんな人材を育成したいのではありません。数は少なくてもいいから、「ガチ人材」を送り出したい
 ですから、常に、(A)→(B)→(C)→(D)全てを一つのコンテンツに凝縮した「知識ゼロの状態から始めて、東大や医学部レベルに通用するまでの実力形成ができる」ようにデザインしています👊


 「数は少なくてもいいから」というのがポイントです。「数が少ない」となると、通常のビジネスとしては、成り立ちません。一方で、市場の広い「愚者を躍らせる」コンテンツばかりが跋扈するのです。
 私は予備校畑の人材ではなく、医師であるから、収益性など度外視で(よい意味でユーザーに媚びることなく)そのようなコンテンツを作成することができるし、挑戦することができます(逆に私のような立場の人間がそれをやらなかったら、誰がやるのか?)。


 先の医学部合格者さんは、生物講義の利用者でしたが(当時はSOELはありませんでした)、「独力では理解もままならない」というレベルから、医学部レベルの生物の実力を手に入れることに成功しています。
 このように私のコンテンツは、「ふもとから、富士山の頂上まで完全に面倒をみる」ものです。
 先述の合格者さんは、「有用なので、周りのいろいろな人に薦めたが、分量が多いので、完遂できる人はほとんどいなかった。完遂した自分は医学部に合格できた」とも述べていました。まさにこの通りです👓


 そして、この講義体系は、私自身が経験してきた学習のプロセスをより洗練した結晶のようなものなので、私のコンテンツを完遂した者は、「とらますく先生が頂上まで行く間にかつて見た景色」をそのまま再体験することになります。
 その過程で「ああ、‘ガチで学ぶ’というのは、こういうことなんだな」という‘学び’が、リアルな実体として得られるわけです。言い換えると、富士山の山頂まで完全サポートで連れて行ってもらった体験を通じて「一つの山を制覇するとは、こうやるのか」というエッセンスが身に付くということです👣


 なお、「‘学び方'そのものを学ぶ」ということを主題とした書籍が、何を隠そう『本当の勉強法を知りたくないか?』なのですが、裏側に通っているバックボーンは一緒なので、個別の科目学習コンテンツを通してでも、同一のエッセンスが得られるようになっているというわけです。
 先述の合格者さんも、別に『本当の勉強法を知りたくないか?』それ自体の読者ではありません✋

 こうして巣立った「ガチ人材」は、「代わりのきく量産型人材」とは明瞭に一線を画するし、日本(や世界)にとって役立つ人材になりうると私は考えています。
 「富士山の登り方」を再体験できたのですから、あとはもっと高い山も同様のノウハウで、今度こそは自力で登れるはずだということです。「富士山の3〜4合目くらいまでしかサポートしない」従来型のコンテンツとは、そこに明確に違いがあります💣

 そんな思想が、一見味気ない、しかし「基本だけやります」とか「虫食い的な演習」系のコンテンツとは比較にならない分量を持つ講義群の背景にはあるのです。
 そして、MANAVIEにおいて、私は全科目に関してそのような世界観を完成させたいと思っています🚩

 
 長くなってしまいました。
 ま、一行で簡単にまとめると、「ガチ勢は私がプロデュースするコンテンツを信頼して、最後までついてきてください」ということです(笑)



※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年12月29日

英文読解トレーニング講座完了!

 ついに2018年も終わりです。皆様、よいお年をお迎えくださいm(_ _)m
 この1年間は、私の過去の人生の中で2番目に忙しい年でした。ただし、1番目に忙しかった年と違って、「嫌な忙しさ」ではなかったですね!


 予告通り、2018年内をもって、英文読解トレーニング講座の公開が完了しましたので、お知らせします🚩



 全102動画、約11.5時間の講座になります。
 もちろん、MANAVIEにもキュレーションします✊


 開始時にも述べましたがが、本講座はの特徴は以下の通りです。

日栄社『英語長文を読むためのパラグラフ・リーディング(中級)』に準拠。
 日栄社様のご厚意により、良質な教材に準拠させていただいております⤴
 500円以下で購入できますので、是非、皆様もお手元に同テキストを用意して受講してください(ケチるところじゃないです)。
 中級編を皮切りに、同社の他のシリーズ教材もどんどん活用してもらえればと思います✋

予備校系の英文解釈スタイルに対して、カウンターパート的。
 「色分けや記号で構造を分析していく」ようなスタイルは採用せず、むしろ淡白に「なるべく英語を語順のまま理解する」という意識付けだけに集中してもらうようにしています👓
 SOELなどで、きちんとしたインプットを行った上で本講座に臨んだとき、このシンプルさは、そのまま自然と感じられるはずです❗


 英語に関して、残すところは、ライティングですね(リスニング/スピーキングは、NHKラジオ講座でよいですから)💨



※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年08月25日

オンラインフェス2018のお知らせ

 今回は、特別企画のお知らせです❗
 2017年夏は、MANAVIE公開にあわせてオフラインフェスを行い、盛況のうちに終えることができました。
※下記URL参照
 http://genuinestudy.seesaa.net/article/452629449.html


 さて、2018年夏、今年はオンラインでの特別企画をやりたいと思います✨
 まぁ昨年オフラインでイベント開催するのはかなり大変だったので、もっとリソースが蓄積されるまでは軽量にやれる形はないか・・・ということで、また別の形の企画をやってみる運びとなりました💨

 開催概要は以下の通りです🚩


【イベント】
2018夏 Web特別企画「教育YouTuber座談会」 sponsored by MANAVIE!


【日時】
2018年8月26日(日)14:00〜16:00


【内容】
 教育Youtuber界のビッグネーム/パイオニアである、
はいち先生
やる気先生
Historia Mundi先生
をお招きし、私が司会をしながらトークを行います!

 フリートークはもちろん、「お題」トークもやります。
 お題は、「夏休み明けからの勉強法」とか「スランプの克服法」とか・・・いろいろ用意しております。視聴者からの質問や、お題投稿にもなるべく応えていきたいと考えています👊

 この3名が一同に会するのは、史上初のことですから、是非お見逃しなく!!

2018summer.png

【配信チャンネル】
メイン:はいち先生のYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/user/toaruotokohaichi

サブ:Historia Mundi先生のYoutubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCzSU4Vjk2VBJFHPvB5SJxHA

※もっともユーザー数の多い、はいち先生のチャンネルをメインで配信します。配信トラブルなども考えられるので、Mundi先生のチャンネルでもサブ別回路として配信します。万一、片方が閲覧できないときは、もう片方をチェックしてみてください。




※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年03月03日

オトナには物理教師さんが大人気

 私、4月からさらに一段ギアが上がって忙しくなる見込みになっていますので、今できることをブルドーザーのように進めております🚌
 もうさすがに上限いっぱいです(笑)。一応2019年度には少し落ち着ける見込みですが・・・。


 本日は、またこじんまりとやっているオンラインサロンの話をしたいと思います♨
 低費用&純オンラインコーチングに基づく医学部合格者第一号を出しちゃおう、という先鋭的な試みになっております(別に医学部じゃなくてもいいのですが、現在は医学部再受験生メンバーばかりです)。
 
 医学部を受験するとなると、一般的には、英語・数学・化学、そして生物or物理という主要科目選択になります。
 そしてオンラインで使える動画講義をフル活用しつつ、モチベーションを維持して「サボり」を防ぐためにサロンを利用します💨

 さて、ここで各人の希望やレベルに合わせて、相談しながら「オンラインで使う動画講義」を各科目にあてがっていくわけですが、その選択肢は詰まるところ、「スタディサプリ」または「MANAVIE」から選ばれることがほとんどです👀
 私個人的には、有料サービスの中では、サプリよりも「学びエイド」のほうが既に上回っていると思っていますが、一般的な知名度はまだサプリのほうが上なので、現状ではまだサプリが選択されることが多いです。

 科目を各論的にみていくと、英語と生物は、結局私のコンテンツ一択になります。
 これは、別に私のサロンだから誘導しているわけではなく、医学部レベルまで到達しようとすると、私のものが自動的に最適になるからです(いや本当に👊)。
 生物は、SEO対策を手抜いていたら「Try IT」とかにすっかり隠れてしまいましたが(笑)、到達レベルは比較になりません。
 英語は、もとより受験対策教材としては、まぁ向こう50年は、超えてくるコンテンツは存在しないであろうというシロモノです。

 さて、数学と理科もう一科目(普通は化学が多い)のコンテンツはどうするか、ということになりますが、ここで、一旦は有料サービス(サプリ)にすることが多いです。
 MANAVIEの数学も、やる気先生本田先生を筆頭に、かなりのものを提供していて、「無料」ということも加味すれば十二分な機能を果たすことができると断言できます。
 ただ、再受験生にとって、数学はとにかく実力のボトルネックになる科目ですし、医学部を目指すとなると基本を教えるだけのコンテンツでは少々物足りないので、「(大手の)サプリにしておこう」という判断がまだ強めに働く傾向があります。
 ただ、ユーザーさんが「全然お金がない」というなら、「それなら、MANAVIEで大丈夫だよ」とは言えるくらいでは、間違いなくありますけどね✋

 問題は、化学です。
 現状、MANAVIEでは、物理教師さんのコンテンツが大黒柱としてそびえ立っています。バックヤードでは他の講師の方の作業が進んでいたりもしますが、まだ当面は物理教師さん頼みですm(_ _)m
 物理教師さんの講義は、以前も紹介した通り、全く派手さはないものですが、これがもうオトナ(再受験生)からの人気が凄いのです!
 というか、最初、サプリを使って化学の勉強を始めた人は、全員「物理教師さんのほうがいいです」といって、MANAVIEに鞍替えしてきています。
 サプリの化学講師(坂田先生)は、現役の高校生達には根強い人気があるのですが、いわゆる「予備校系パフォーマンス」の強い方でして(Youtubeでサンプルを視聴してみてください)、確かに大人がこれに入り込むのはちょっとキツいだろうな・・・という印象はあります。
 一般的な高校生達には、坂田先生のほうが圧倒的に人気あるでしょうし、収益を上げるには、ターゲットをより大きく捉えられるコンテンツを採用するべきなので、サプリの戦略は何も間違っていません。
 ただ、物理教師さんのようなコンテンツは、「余計な装飾なしに普通に淡々と勉強したい」という、既存のビジネス的には「おいしくない客」に、的確に刺さるんですね。そこを対象にしたコンテンツを成立させられるということのが、原価を抑えられるWebサービスの醍醐味であるわけです🚩

 そんなわけで、改めて振り返ってみると、医学部受験主要4科目のうち、3科目以上でMANAVIEが使われている状況になっているので、「有料サービス分1000円/月は、数学のためだけに払っている」ような形に近いです。
 ま、それでも安いですから何も問題はないのですけど、「有料ってなんだろう」という気は、本格的にしてきちゃいますね(笑)
 有料サービス側の視点に立つと、今後の戦略としては、何か他の価値と組み合わせていくことが必須になってくると思いますね(模試とコラボするとか)。


無料学習サービス『MANAVIE』はこちら!
https://manavie.jp/
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロでも、最上位を狙えます。受験勉強、生涯学習のお供にどうぞ!
MANAVIE_320x50.jpg

受験勉強についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング
勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ