booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
オンラインサロンを運営中です。aicon_97.gif
月額1000円というリーズナブルな費用で、勉強のコーチングを行っています。動画や教材だけあっても独力ではサボってしまうという方、個別に質問などしたい方などに最適です。主に再受験生が対象ですが、通常の生徒さんや保護者様も歓迎です。興味のある方は、「お問い合わせ」からどうぞ!

2019年01月19日

第212回継続法19〜反復のモデル2〜

 暖冬とはいえ、局所的にはまだまだ寒い日が続きますね🌀 そして、本日はセンター試験ですか。受験生はがんばってください✊


 前回お話しした「単純モデル」のような何の変哲もないやり方では、「最初の頃にやったものを忘れてしまう」という欠点があります。教材の分量が少なければこれはあまり問題になりませんが、そうでない場合は厄介な問題です。
 勉強の分量が非常に多く、勉強が長期間に渡る場合、「夢中なテンション」だけで一気に読み込むことはかなり困難です。その分野の勉強がとても好きな人は没頭できるかもしれませんが、そうでない人には不可能でしょう。また、現実的には、勉強は一つの教材だけとか、単一の科目の勉強だけでは済まないわけですから、あまりに長い期間その勉強内容だけに拘束されて他のものが全く手につかないという状態になってしまっては、かえって弊害のほうが大きくなってしまいます💥
 ですから、「長丁場として構える」という姿勢を必然的にとらなくてはなりません。すると、どうしても「最初の頃にやったものを忘れてしまう」という問題が生じてしまいます💨

 そこで、この欠点を解消するため、「単純モデル」をもう少し発展させたモデルを考える必要があります。
 それは、「通常通り学習を進めていくが、ちょうどよいまとまりごとに一度区切り、その広い範囲の総復習を行う」という方法です。
 イメージとしては以下のようになります。
totalreview.png

 よく考えてみると、学校や学習塾のカリキュラムは、ほとんどがこのモデルを採用しています。
 すなわち、単元ごとに「復習テスト」がある他に、数回分とか数か月分の内容をまとめて「総復習テスト」を設けて、このような反復の仕方を促しているのです。これらの公共的な教育機関は、実務上、特殊な反復法を採用することは難しいですから、この方法に落ち着くのは妥当な結果といえるでしょう。これを、「総復習モデル」と呼ぶことにします🚩

 これは、欠点らしい欠点のない非常にバランスのとれた反復法です。
 多くの場合、教材自体もこれに沿うように作られていますから、自習をする際にもその形式に従っておくのが無難です。もちろん、教育のプロが普段から用いているものなのですから、その有効性に疑問の余地はありません✋


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ