booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
オンラインサロンを運営中です。aicon_97.gif
月額1000円というリーズナブルな費用で、勉強のコーチングを行っています。動画や教材だけあっても独力ではサボってしまうという方、個別に質問などしたい方などに最適です。主に再受験生が対象ですが、通常の生徒さんや保護者様も歓迎です。興味のある方は、「お問い合わせ」からどうぞ!

2018年12月01日

第209回継続法16〜反復のポイント1〜

 もう12月ですね〜🎄今年は、私がいろいろ手掛けている物の中で、一部停滞をみせてしまったものもあれば、大きく躍進するものもあったりで、せわしない1年でした。皆様の1年はいかがだったでしょうか⁉

 
 では、上手な「反復」の方法を紹介していきます。
 本セクション冒頭で「継続することの特徴」でもお話した通り、科学的な背景に関しての詳説は省き(こねくり回してもしょうがないので)、結論を優先的に提示していこうと思います👊

 第一に、「浅くて広い反復を数多く行い、徐々に掘り下げていく」ということがあります🚩
 直感的には、楽器やスポーツの練習をするときと同じです⚽ 1日1時間の練習を24日間続けるのと、24時間の練習を1日やるのでは、前者の方が大きく実力が増すことが知られています。
 勉強の例ならば、「英単語を一週間に70個覚えたい」というときは、「1日に深く10個ずつ覚えていく」ではなく、「浅くてよいから1日に70個に目を通して、それを7日続ける」ほうがよいということになります👀

 一般的に、「A→B→C…→Z」の順に学習をしていこうというケースを考えてみましょう。
 もし「金輪際、見直す必要がないぐらいAを完璧に仕上げてから、初めて次のBに進む」というやり方を採用すると、どうしても一つ一つの単元をクリアするのに時間がかかってしまいます。そして、中盤辺りまで学習を進めたところで、既にAやBなどの前の方に学んだ内容を忘れてしまっていることに気がつくはずです。大体の人が、この時点でZまである暗記事項をみて絶望し、挫折するに違いありません💧
 対照的に、「とりあえずやったことはある程度忘れてしまうのは放っておいて、Zまで一通り目を通し、A〜Z全体を見直すという作業を何度も繰り返す」という手法ならば、先のメリットの性質を活かすことできます。
 メンタル面でも、「忘れる」ことが既に織り込み済みであるぶん、むしろ、反復時に「思ったより、意外と頭に残っているぞ」とポジティブになれる可能性すらあるでしょう⤴

 また、この方法は、以前述べた「まず継続する方法」のうち、「全体像から把握する」というやり方にも見事に合致します。「露天掘り」のようにすることで、「継続」の成功の確率も高まるというわけです💡



※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ