booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
オンラインサロンを運営中です。aicon_97.gif
月額1000円というリーズナブルな費用で、勉強のコーチングを行っています。動画や教材だけあっても独力ではサボってしまうという方、個別に質問などしたい方などに最適です。主に再受験生が対象ですが、通常の生徒さんや保護者様も歓迎です。興味のある方は、「お問い合わせ」からどうぞ!

2018年11月18日

葛根湯パルスの威力

 だんだん寒くなってきましたね🌀1年があっという間です。

 さて、この季節に入ってくると、当然ながら風邪が流行って病院に患者さんが押し寄せてくるのですが、最近「葛根湯パルス」という飲み方に少しハマっているのでご紹介したいと思います💡


 以前、当サイトでも風邪薬「葛根湯」については紹介したことがあります。→記事はこちら
 風邪という、ターゲットをしぼりにくい病気に対して、割と筋がよい薬(少なくとも「しょせん漢方」とバカにされるほどではない)であると紹介しました。

 この葛根湯、医療用のツムラ1番の製剤で1日3包(朝昼夕1包ずつ)と内服するのが一般的なのですが、割と漢方医学で有名な先生の本で、こんな「オレ流」の飲み方が記載されていたんですね。

(1)風邪を引き始めたとおもったら、1〜2時間おきに葛根湯を1包ずつ飲み始める。とりあえず上限はない。
(2)どこかのポイントで、心臓がドキドキしたり、ジワッと汗ばんできたりするので、そこで内服中止。以後はもう飲まない。

 これで風邪が治る!・・・というのです。
 (2)は紛れもなく、麻黄/エフェドリンの効果ですね。体の代謝や体温を一時的にグイーンと持ち上げて、ウィルスに対する抵抗力を上げて排除してしまおうというコンセプトです。

 この飲み方、ずっと気になっていたんですが、先日風邪気味になったので、初めて自分で試してみたんですよ👊
 私は平素多忙で慢性的に疲労気味であることもあって、風邪ひき始めた〜と思ったときにも、わかっていても結局踏みとどまれずに(栄養ドリンクなどガンガン飲んでも)グズグズになるというのがいつものコースだったのですが、この「葛根湯パルス」やってみたら、なんと踏みとどまれたんですよね。
 さらに、そのあともう1回風邪気味になったのですが、やはり同様の手法で踏みとどまることができました👀

 ムム・・・これはたまたまなのか、それとも本当に効果があるのか?(笑)
 真相は闇の中ですが、風邪は悪化を防げるにこしたことはないですから、一つの選択肢として知っているのはアリですよね。葛根湯はもとより風邪が悪化してからというより、ひき始めに良い適応があるとは昔から言われているので、風邪の初期フェーズで徹底的に使うというのは理にかなっているような気もします🚩


 ツムラの市販向けの葛根湯は1日2回となっていますが、1包2.5gあたりの成分は医療用と変わりありません(単に市販は1日2包、医療用は1日3包と差をつけているだけ)。ですから、原理的には病院に来なくても、市販薬で同じことがやれます。
 もちろん、能書き通りの使い方ではないので、医師としてオフィシャルでお勧めすることはあまりできませんが、自己責任で試してみる価値はあるかもしれません。
 インフルエンザのとき等に使用する「麻黄湯」なら、麻黄が葛根湯の1.7倍くらい含まれていますから(葛根湯3包で麻黄3g、麻黄湯3包で麻黄5g)、少なくとも若い人だったら葛根湯5包/日くらいまでなら、全然問題なく飲めるだろうというのが実際のところですが💨


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ