booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
オンラインサロンを運営中です。aicon_97.gif
月額1000円というリーズナブルな費用で、勉強のコーチングを行っています。動画や教材だけあっても独力ではサボってしまうという方、個別に質問などしたい方などに最適です。主に再受験生が対象ですが、通常の生徒さんや保護者様も歓迎です。興味のある方は、「お問い合わせ」からどうぞ!

2018年06月16日

第205回継続法12〜時間コントロールの原則2〜

 現在、第一線の市中病院で主力としてバリバリ働いている関係で、さすがに忙しくて更新頻度が落ちております^^;)


 時間のコントロール法は、個々人の事情によって千差万別だということまで前回お話ししました。
 例えば、大急ぎで勉強をする必要に迫られている人は、「朝だけ勉強しよう」とか、「一日○時間だけ勉強しよう」などという悠長なことは言っていられないはずです。難関資格や難関受験勉強をするのに「一日○○分」の勉強なんて、ヘソが茶を沸かします。時間が足りなければ、朝から晩まで10時間以上、ときには睡眠時間も削って勉強しなければならないかもしれません👀

 本格的な勉強は、「やらなければならないものをやる」という作業を正しく行うだけで、多大な時間がかかります。
 元来、「自分が持ちうる、ありったけの時間を使って、月単位・年単位の時間がかかる」というシロモノなのです🚩

 よって、「時間のコントロール」の原則は至極単純なもので、「自分の集中力が維持できる限り、ありったけの時間を使う」ということに過ぎません。

 最初期に述べている通り、当サイトの勉強法は「試験のための勉強」を、まずはターゲットにしていますから、特にこれが原則であるという認識をしておくべきです👊
 受験勉強中の学生が豊富な時間をふんだんに使うのはもちろんですが、社会人が資格等を目指して勉強をするなら、さらにその重要性は顕著になります。とにかく空いた時間を寄せ集めて、ありったけの時間を確保しなければ、まともな勉強することなどほとんど不可能でしょう。

 ですから、例えば、「通勤通学の電車の中で暗記チェックをする」とか、「CD学習をする」といった細かな「時間のコントロール」の仕方も、全てこの原則に合致します。「ありったけの時間を使いたいから、通勤通学の時間も無駄にしたくない」という気持ちから、必然的に導き出されるのです💨別にそれは、「テクニック」として紹介されるべきハイカラなものでは全くありません。


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

オンラインサロンを運営中。月額1000円でとらますく講師の学習コーチングを受けられます。興味のある方はこちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ