booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2017年07月24日

「参考書コピー型講義」論2

 ちょっと土日が多忙でしたので、めずらしく月曜日に更新します✨

 「参考書を読み上げているだけ(と批評者の脳が認識している)の講義」は、具体的に何が悪いのでしょうか?それとも何も悪くないのでしょうか?
 いくつかの切り口から論じてみます。

(1)教科書範囲外の、より発展的な内容が乏しい!?
 「もっと、生徒の興味をそそるような、教科書に載っていないような最先端の話をしてくれ」という意図で批判をしているのなら、彼本人としては殊勝な話です。
 しかし、それは、この世界を自分中心に考えすぎてやいませんか
 この世界は、個人の所有物ではないのですよ。教科書は、なぜ教科書であるかというと、「一般的にこれくらいの範囲を身につけてもらえれば、その年齢の実力としては十分でしょう」と考えられる範囲を設定しているから教科書なのです。
 人の能力や実力は正規分布をしています。その正規分布の真ん中90%にとって適切と考えらる学習範囲が、「教科書の範囲」なのです。

 もっともマニアックな話をして欲しいという希望は、偉いことは偉いのですが、それをやってしまうことで、むしろ「(理解力を超えてしまい)ついてこれなくなる」生徒が大量に発生するわけです。
 「もっと教科書外の話をして」などという要求をする生徒の数より、「そういうのいいから、もっと試験に出る大切なところだけを話してください」という要求をする「凡庸な」生徒のほうが遥かに多いんですよ。
 スタンダートな学習においては、「変化球の投げ方のマニアックなコツ」ではなく、「学問的な体幹の強さを会得すること」こそ、最も重要で本質的なことです。その場合、過剰な「教科書外」の話は必要ないという判断に自然と至ります。ましてや、「無料Web講義」となれば、優先的に求められていることは、なおさらそれであることは自明の理です。
 「もっとハイレベルな話をしろ」と思ったあなたは、あくまで少数派です。小数派が「世界のほうこそ自分に合わせるべきだ」と要求するのは、無理筋というものです。自分だけ特別扱いしてもらいたいのなら、それ相応のコストを払う必要があるでしょう。

(2)パフォーマンスが足りない!?
 「生徒を魅了するような」演技的なパフォーマンスや、「腹を抱えて笑うような雑談」をもっとしろ・・・という批評者がいるかもしれません。
 これにもいろいろな勘違いが含まれています。
 
 まず、パフォーマンスが嫌いな生徒達もたくさんいるんですよ。たまたま自分のツボにはまったからといって、全世界の視聴者にそれを強要するというのは、上記と同じ理由でおこがましい発想です。
 「パフォーマンスがない」ことは、正規分布の真ん中を対象にできますが、特定の癖のあるパフォーマンスをする場合、一部のファンはつく一方で、それを嫌がるユーザーのほうがしばしば多いわけです。
 実際、黎明期のWeb学習動画サービスにおいてユーザー行動を解析したところ、雑談などの非本質的なパフォーマンス部分は早送りで飛ばされる頻度がかなり高いということが判明しています(ですから、サプリや学びエイド含め、Webサービス畑ではおしなべて演技的パフォーマンスは省かれています)。

 そして、前回も述べた通り、パフォーマンスを重視した講義は、そもそも論として「虚飾的」です。
 高い料金でボッタくる予備校であれば、むしろ「一部の熱烈なファン」を獲得することが重要で、そこから「狭くとも深く」、ガッツリお金を取れるので高い収益性が確保できます。しかし、無料Web講義では、「そもそもゲームのルールが違う」のです。そんな狂信的ファンを小数獲得したところで、彼らは直接的にお金を落とさないのですから。

 「パフォーマンスが足りない」などという批判をする人は、おそらく「現役予備校講師」である可能性も高いと思います。彼らは「そんなんでお金を取れると思うなよ」と直感的に思うから、そう批判するのでしょうが、Web畑から言わせれば「ガラパゴス的な旧いルールと価値観に基づいて、評価される」ということ自体が、お門違いであるわけです。
 遠い将来には状況が変わるかもしれませんが、当座の無料Web講義の優先課題として、演技的パフォーマンスなど求められていないのです。
 
(3)行間を埋められていない!?
 「行間を埋める」ということは、良い講義をする上で極めて重要なことです。

 書籍教材は、紙面の都合上、行間はかなり省かれています。普通に読み進めていくと、「は?なんで?全然つながらないんだけど」と思わせる箇所が山ほど出てきます。それこそ、例えば歴史の教科書なんかは酷いものです。参考書は、教科書よりは詳細に書かれていますが、それでも限界があります。
 事実Aと事実Bを学ぶとき、しばしば教科書は「Aである。次にBである」というくらいしか記載がありません。それを「Aは、こうこうこういう理由と論理でもってBにつながる」ということを説明してあげられるのが「わかりやすい講義」であるわけです。

 言い方を変えると、行間をきちんと丁寧に埋めることができていれば、「マニアックな内容を扱わないし、パフォーマンスもないが、間違いなく‛わかりやすい’講義」になります。
 だから、ちょっと講義を聴いてみて、「わかりやすいな」と感じたら、その講義は行間を埋めている(少なくともあなたにとって満足できる程度に)講義なのだと自動的に判断できます。

 たしかにこれができていない講義は、いくら無料であっても「わかりにくい」わけなので、価値としては高いとは言えません。
 ちなみに私個人の話をすると、「わかりにくい」というレビューをいまだかつて受けたことがないので、行間は埋められているのだと思います(前回、「行間を埋め尽くしている」と表現したくらいですから)。
 ただ、一般論として「わかりにくい」と感じる講義は、そもそも見向きもされないでしょうし、何の価値も生み出せないでしょうから、ハナから論じる意味がありません。批判者達だって、そのようなコンテンツは眼中にないはずです(あなたは何と闘っているの?という話になります)。

 ただ、行間を埋められていない、真の意味で「参考書読み上げ」型講義があったとして、その価値は確かに高いとは言えないわけですが、まったく無価値なのかと言えばそうでもありません。
 それを最後にみてみましょう。これこそが、純粋な意味での「参考書読み上げ」型講義の是非を問う議論です。

(4)自力で参考書を読むのと変わらない!?
 ホントーに「参考書を読み聞かせるだけ」の講義が存在したと仮定しましょう。
 これ、実は結構効果あると思いますよ?バカにするのは早いです。

 私は、元生粋の受験戦士ですし、医学書だって死ぬほど読んできたからよくわかるのですが(いわゆるカリスマ予備校講師なんて、大概私よりまともに受験勉強したことがない人達ですからね・・・)、「文字を読んできちんと理解する」っていうことは、結構辛くて難しい作業なんですよ。

 本(文字)を読むことが楽な作業なんだったら、電車の中でスマホゲーじゃなくて読書する人がもっといてもおかしくないですよね(笑)。普通の小説より漫画のほうが圧倒的にファンが多いのも同じ理由です。根本的に「文字を読む」という作業は苦行なのです。全くもって、耳から聴いたほうが楽なんですよ。
 例えば、オーディオブックってありますね。普通の本はなかなか読むのがキツいという人でも、音声で読み上げてくれれば楽しむことができる。あれは、まさにその問題に対する解決策です。

 私は「この講義はわかりやすいし、しっかり正しいことを説明しているので、成績はもちろん上がるだろう。しかし、自力で参考書を読むのと変わらない」という評価されたことがあります(これはユーザーさんによってではないのですが)。
 上記を踏まえたら、「そんなことはない」ということがわかるはずです。
 確かに、到達先の実力レベルという結果は「変わらない」でしょう。でも、同じ到達点に至るまでのコスト(時間と労力)が圧倒的に低いのです。それは、それ単独でも、ものすごく価値のあることですよね?
 「自力で参考書を読む」のと「変わる」点として、マニアックさだのパフォーマンスだのを持ち出すから、業界全体が虚飾的となり、大義を失うのです。「声で聞かせている」時点で、とっくに「自力で読め」とは決定的に異なる価値が生じています。

 皆さんはこんな思考実験をしてみたことがあるでしょうか。

 「カリスマ講師による授業」vs「新垣結衣(例)の参考書読み聞かせ」
・・・どちらが生徒の成績を上げる効果があるでしょうか?
※新垣結衣は、男子高校生に一番響きそうな例として挙げてみましたが、なんでもいいです。あなたが一番素敵だと思う憧れの人を当てはめてみてください。

 これをガチンコで比較した研究はいままでないと思いますが(やったら、イグノーベル賞取れるかも笑)、結構いい勝負になると思いますよ。

 「参考書読み上げ」型講義を真に価値あるものとするには、「新垣結衣」のような魅力的なナレーターが必要なのかもしれないし、きちんとした網羅的なコンテンツを用意することが必要かもしれません。他にも工夫がいくつか必要だと思います。
 しかし、それは論点が別であって、いずれにせよ「参考書読み上げ」型講義それ自体には何の非もないということ、「参考書読んでるだけじゃん」という批判がいかに的外れなものであるかということがおわかりいただけると思います。

 Webを活用した新世代事業というものは、「旧業界で当然とされている前提」から外れた価値の出し方に挑戦しようとしています。批判するなら批判するで、きちんと正しい焦点を見出してもらいたいものです。


勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ