booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
booktop
注射手技に関する看護書籍が出ました!
全国の書店で好評販売中です!

本書は内容を前広に設定し、皮下注・筋注も含む注射手技全般、注射薬、看護観察、医療事故などについて取り扱っています!日頃の臨床に是非お役立てください。

2017年06月24日

第193回暗記法51〜暗記の指標〜

 小林麻央さんついに亡くなってしまいましたね・・・。彼女は、「若年者の癌死」として想定できる範囲内では、「もっとも幸せな亡くなり方」をしたとは思いますが。芸能人では、坂井泉水さん以来のインパクトの大きな死です。
 毎日を大切に生きないといけないと、改めて思わされますねm(_ _)m

 さて、MANAVIEはβ版から正式版への移行段階における開発の最終段階に入っております!現時点でも「完全なβ版」として、ほぼ不自由なく使用可能となっておりますので、適宜ご活用いただければ幸いです✋
 MANAVIEスタート関連の記事連載は一段落つきましたので、しばらくまた普通の更新に戻ることにしましょう💡
 今回は、ついに「暗記法」の最終回です❗

 「暗記法」の締めくくりは、「理解法」と同様、目標を正確に把握するための「暗記の指標を示します。
 といっても、ここまで読み進めてきた方にとっては、その内容は単純明快です。つまり、「理解」の段階では「対象を見ながらでよいので、先生になったつもりで、声に出して説明できる」ということでしたから、「暗記」の場合は、「対象を見ないで、先生になったつもりで、声に出して説明できる」ということが最善の指標になるわけです👊
 その他の注意事項は、「理解」において説明したことと変わりありません。すなわち、「説明する範囲は、『節・項』または『強調されている単語』に対し『〜とは?』という問いかけをすることで区切る」ということになります。

 暗記事項に関しては、通常の教材も重要な単語やフレーズを太字にしたり、色を変えて記したりと工夫をしていると思います。それらを、一問一答形式で答えられるようにするとか、シートなどで隠して穴埋めができるようにするということも大変有用なことです。まずは、誰しもがそのレベルに向けて「暗記」の努力をします👓
 しかし、残念ながら、そのように語句レベルで留まるようなものは、決して「一流の暗記レベル」ではありません。世にいう成績優秀者は、それぐらいでは暗記の歩みを止めていないのです。すると、それを「暗記」のゴールだと勘違いしまった人が、彼等に太刀打ちできるはずはありません。
 単に「重要単語やフレーズを覚えている」ということと、「それらに関して、先生になったつもりで、声に出して説明できる」ということの違いが学業成績の差に結びつくのは、明らかなことです。前者は、何の捻りもなく暗記知識を答えさせるだけの問題や、素直な選択肢の択一問題くらいならば正解することができますが、上手に目先を変えられてしまうと、もはや力が及びません。一方、「説明できる」ということは、当然その暗記事項に関する「理解」も十二分に達成できているわけですし、それ故、単に暗記知識を答えるだけではない「応用問題」などにも通用する力がついている可能性が高く、結果として得点の差となるのです🚩

 もちろん、「対象を見ないで」これを実現することが大変な困難な道のりであることは確かです。こなすべき勉強の分量や目指す試験の難易度にもよりますが、それが膨大かつ難関なものであれば、一流の成績優秀者でも所用時間内に達成することが困難を極めることもしばしばです。しかし、それでも彼等は、持ちうる時間をめいっぱい使って、試験直前ギリギリまでその完成に向かって努力をし続けます。ですから、どんな人も、少なくともその「正しいゴール」を知っておくことだけは絶対に必要です。さもないと、「目標を見誤ったせいで勝負にならない」という事態に陥ってしまうでしょう💥
 「理解」の際は、「対象を見てもよい」ため、全ての人がそのレベルに到達することを強く推奨しました。ただし、こちらの「暗記」のほうは個人の「スペック」の差がかなり影響します。やれそうな人は是非全力を尽くしてトライしていただきたいのですが、「学習者は全員このレベルまで到達せよ!」という無茶な要求をして、大量の挫折者を生んでしまうことは、さすがに自粛しなければなりません。
 そこで、そのニュアンスを込めて少し柔らかめにまとめると、「‘なるべく’対象を見ないで、先生になったつもりで、声に出して説明できる」ということに落ち着くというわけです♨


暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ