2017年03月18日

第192回暗記法50〜想起2〜

 もうそろそろ新年度ですね!新しい出会いの季節には、いつもワクワクします💕

 さて、問題は「暗記事項の多くは、日常生活でなかなか経験する機会がない」ということです💦
 例えば、算数の「つるかめ算」を日常生活で使うことはそうそう頻繁には起りません。普通に考えて、それを「経験」できるのは、学校や塾で算数を習っているときだけです。
 当然、「dog=犬」といったレベルのものに比べて、圧倒的に「思い出す経験」が少なくなってしまいますから、比較的忘れやすい知識になるわけです🐶

 すると、この問題の解決策は一つしかありません。
 すなわち、「思い出すための経験の場を、人工的に設定する」ということです💡本来、日常生活でめったに経験できないような事柄を、限られた時間内になるべくたくさん「思い出す経験」をするためには、そのような機会を無理矢理自分で設けるしかないのです👊

 それでは、具体的にどのような作業をして、「思い出す経験」をすればよいのでしょうか。その答えを想像するのは難しくありません。
 第一に、「再び対象を見直す」ということがあります。つまり、暗記事項そのものを何度も見てしまえばよいのです。もちろん、聞いたり読んだりするのでも構いません。これは厳密にいうと、「想起」のうちの「再認」というものに相当します。「再認」とは、「直接の手がかりがある場合の想起」です。すなわち、まさに「dog=犬」というような、「答え」そのものを見て「あぁ、それね」と思い出すことです👀

 第二に、「その暗記事項を導き出す」ということがあります。これは、専門的には、「想起」のうちの「再生」というものに相当します。「再生」とは、「連想により情報を思い出す場合の想起」です👓
 先例との違いは、「答え」が隠れていることです。つまり、「ワンワンと鳴く四足の動物」と言われれば、この質問自体に「犬」という「答え」は含まれていませんが、「あ、犬のことだ!」とわかるといった形になります。これは、勉強の世界においては、まさに「問題演習などを通じてアウトプットする」ということに相当します。
 この後者の「アウトプットを通じて暗記する」という手法に関しては、「アウトプット」の項目で詳しく取りあげることにします🚩


暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ