2017年02月04日

第189回暗記法47〜その他の「理解して暗記する」手法1〜

 この季節は、事務手続き関係の仕事が多くてたまりませんね(T_T)

 ここまでで、「理解をして暗記する」という手法のメインのものは、概ね出揃いましたね✋
 ただし、「理解法」で出てきた通り、「理解」を上手にするための工夫は他にもあります。
 具体的には、「順番の意識」・「具現化する」・「パーツに分解する」といったものがありました👀
 
 これらは、本来は「理解」のための工夫ですが、結局「理解」を上手にすることによって、間接的に「暗記」も助けることができます。つまり、いかなる「理解」の手法も全ては「暗記」に役立つのです🚩

 ちなみに、「具現化する」ということの中には「図、絵、表などを利用する」というものも含まれていました。つまり、「注意を向けて暗記する」の項目で述べた通り、「イメージ」は「暗記」にも直接役立つし、「理解」を通して間接的にも役立つということになります👊
 例えば、「チャンキング」という暗記手法があります。これは、複数の記憶をまとめて1つの記憶にすることであり、「犬」と「猫」について覚えたいときは「犬と猫がじゃれ合っている様子」というように考えます。
 つまり、「様子」という「イメージ」を用いて印象を強くする一方で、その「様子」が「犬」と「猫」のグループ化をし、かつ「じゃれ合う」というストーリー性を持たせることで「理解」の面からも「暗記」を支持しているというわけです💡


暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ