booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2016年09月13日

学びエイドの重厚な正攻法

 新版生物講座は、もちろんYoutubeアカウントにも公開しているのですが、2016年9月から「学びエイド」への出講を開始しました。
 前回、「今後注目すべきWeb学習動画サービスについて」と宣言しましたので、それについて書きます。その対象が「学びエイド」なのです💡
 ちなみに、私は「manaveeがなくなるから学びエイドに出す」というロジックで動いたわけではないです。学びエイドさんと接触があったのは、manavee終了宣言よりも時系列的に前ですし、何と言っても学びエイドは「講師が出したいから出す」というフリーパスの仕組みではありませんので。

 学びエイドは、2015年の秋にβ版公開というスタートでしたので、Web学習動画サービスの中では結構後発の部類に入ります。
 多くの業界人は「今さらどうするんだ」と思った(そして、人によっては2016年現時点でも、思っている)かもしれませんが、ところがどっこい、おそらくこのサービスが、近い将来、業界覇者になるであろうというのが、私の予想です💨
 Webにおけるビジネスモデルって、たくさんあるようにみえますが、「お金を稼ぐ」という観点でまとめると、実はすごくシンプルなんですね。広告収益、月額課金/プレミアム課金(フリーミアム課金)、プラットフォームとしての収益・・・こんな程度しかありません。

 Web学習動画サービス界においては、そもそもスタディサプリをはじめとする「一律月額課金」というモデル自体が(manavee毒針などによって)あまりうまくいっていないという経緯が既にあるわけですから、理性的に考えれば「フリーミアム(月額)課金」が、正解になります。フリーミアムというのは、一番基本のサービスは無料で、より付加価値のついた機能の利用には料金がかかるモデルのことです。
 この結論を導き出すこと自体は決して難しいことではない(学生ビジコンでも出せる解だと思います)のですが、いざ実践するとなると、いろいろな理由で口で言うほどには簡単ではないというのが現実世界なわけです。スタッフの能力や情熱、人脈や優秀な協力者・・・要は、経営に必要な要素であるヒト・モノ・カネ全てが良好に揃って、はじめて「よき実現」が可能なのです。こうした要素が一部でも欠けている企業体は、サービスをローンチすること自体は可能であっても、最終的に、より良好な経営要素を兼ね揃えている企業体に敗れる可能性が高まります。
 すると、「Web動画学習のフリーミアム(月額)課金」という王道解を、今度は「誰が」、「最も早く」、「正確に」、「最も上手に」やるのかという問題になるわけですが、まぁその最優秀解答を出した(出すであろう)と思われるのが、他ならぬ学びエイドだというわけです👊

 世の中には、リクルート以外にも、旧来の予備校が進出してきたネットサービス等がたくさんあるわけですが、どれも「フリーミアム(月額)課金」というモデルに本気で取り組んでいるかというと、そうではありませんでした。基本的には、自社コンテンツの無料開放には及び腰です(それは、経営者にとってはあまりに大胆で恐怖感のある決断なので、当然のことだと思いますが)。ですから、学びエイドは、最も後発であるようにみえて、実はフリーミアムという観点では、最も「早い」のです。
 あとは、早くローンチしたとしても今後追い抜かれる要素があるかどうか、すなわち、ヒト・モノ・カネの観点から隙があるかどうかがポイントになるわけですが・・・正直言って、隙がないんですね、ここ(笑)
 私は、もちろん「学びエイドの中の人」ではありませんから、詳しいところをお話しすることはできないのですが、上記フリーミアムに基づいたビジネスモデルを、普通の人が「正確に、最も上手にやれている」と想像するレベルは当然のごとく達成しています。
 その上で、さらに「+α」を3個ほど追加したくらいに(この中に、学生ビジコンレベルでは決して実現できないであろうポイントがいくつか含まれています)堅牢で重厚な運営をみせており、それは、どんな立場で聞いても「うぬぬ・・・」と唸らざるを得ないほどのものです。関わっているスタッフの情熱も申し分なく、残念ながら(?)非の打ちどころがありません💥
 至極フェアーに言ってこう評価できます。

 Web業界は栄枯盛衰が特に激しい世界です。manaveeは調子がいいと思っていた時期から、数年であっという間に没落しました。それと同じくらいのスピードで、学びエイドが次の数年で業界覇者になる確率が極めて高い・・・と私には思えます。「こんな後発の小さなサービスw」と思っている方は、要注意だと思いますね。
 もちろん、スタディサプリ含め、豊富な資本バックグランドを持つサービスが他にもありますから、一定期間、激しい火花は散るでしょうが、案外、決着がつくまでは早いかもしれません(関ケ原の戦いみたいに)。

 さて、抜きんでたプレイヤーが登場してその地位が確立された後は、他のサービスは、自身の生き残りのためにどんなふうにニッチをずらしていくか、むしろその強力プレイヤーと提携する道はないのか、それから市場そのものを大きくするにはどうしたらいいのか(市場全体が拡大すれば、モデルが被っても生き残ることができる)ということを考えていかないといけません。
 私自身が考えていることもありますが、それはまだ秘密です笑。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ