booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2016年03月12日

総合かぜ薬と解熱鎮痛薬

 脇坂とかいう逮捕されたタレント女医について時事ネタ記事でも書こうかと思ったのですが、書く対象としての価値すら見い出せないので、普通に医学・医療記事を更新します(笑)

 前回、解熱鎮痛薬として代表的な「NSAID」と「アセトアミノフェン」を紹介しました。
 ここで、総合感冒薬PLの成分を復習してみましょう。解熱鎮痛薬の成分としては、「サリチル酸」と「アセトアミノフェン」が入っていましたね💡
 サリチル酸は、NSAIDに分類される薬の中では最も古典的なものです。「アスピリン」と言ってもいいです(厳密には違いますが、まぁだいたい一緒です)。これは、本来は物質名ではなくて商品名なのですが、こっちの呼称のほうがピンと来る人も多いかもしれませんね(「ファミコン」みたいなものです)。
 サリチル酸は、解熱鎮痛作用はさほど強くありません。新世代のNSAID(ロキソニンやイブ)の方がその点は改良されて効き目が強くなっています👊

 アセトアミノフェンは、新世代のNSAIDより強いということはさすがにないですが、ちゃんと十分な用量を使えば、同等くらいの効き目があります✋

 両者とも古典的な薬ですが、他の薬との飲み合わせが問題になることがほとんどなく、比較的気軽に出しやすいということで、PLに配合されているわけですね✨


かぜ薬についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
解熱鎮痛薬についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ