2016年03月05日

不完全フリーWEB教育!?

 もう少し、フリーWEB教育について話します。
 私は、生物や英語の準拠教材をどうして現状、完全無料ではなく廉価ながらも有料で販売しているのでしょう?
 「お金を儲けたいからでしょ」と思っている人がいるかもしれませんが、それは全然違うんですね。真面目な話、こんなもの正直全く儲かっていませんよ(*_*)お金だけ欲しいのであれば、医者としてアルバイトでもしたほうが比較にならないくらい効率がいいです💦
 そもそも、私はデジタルコンテンツはフリー化するという考えの持ち主ですから、紙書籍はともかく、教材のデジタルデータ自体も、最終的にいつかは無料にせざるを得ないだろうという意識すら持っているのです。
 では、なぜとりあえず今のところは有料で供給してるのかと言うと、それはどちらかというと「ブレーキをかけている(自重している)」という意味合いが大きいのです🚥

 私が生物や英語の教材(完全版)を、無料でリリースすることは簡単にできます。今、この瞬間にポチっと無料に設定すればできてしまうことです。生物・英語のみならず、もっと大きな‘フリー爆弾’を投下することも、数年内には可能になるかもしれません。
 そして、それによる経済的損害は、私自身はほとんど被らないですが、学習参考書界には割と大きなダメージが行くでしょう。生物なんて、もともと市場が小さいですから、インプット系の教材はまったく売れなくなる可能性すらあります。
 「それがいいことなのか?」を思索したとき、少なくともすぐには否であるというのが現状の判断なのです。それは、単純にたくさんの大人を泣かすためだけの、無秩序な行為であって、私はあまりそういうことを望んでいません👣

 ただし、「状況が適合しさえするのであれば、無料でリリースする準備はいつでもできている」という点がミソです。悪意のあるサービスや敵対的・挑発的にしかけてくるサービスがもし出現した場合には、それに対する対応の選択肢が常に留保されているということであり、それが手綱を握っているという意味なのです。
 だからこそ、ほとんどペイに合わない時間の使い方をしてでも、最初のパイを積極的に取りにいく価値があると考えているわけです👊
 私がこの活動しているモチベーションを少し掴んでいただけましたかね!?


WEB教育についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ