2016年02月19日

解熱鎮痛薬の分類

 解熱鎮痛薬についてみてみましょう👀

 解熱鎮痛薬は、おしなべて「炎症」を抑えることによって効果を発揮します⤴
 「炎症」とは、「何らかの有害な刺激に対する免疫応答によって出現する症候」のことを言います。
 そしてその症候は、発赤・熱感・腫脹・疼痛を伴うというのが特徴的です。これらを、「炎症の4徴候」と呼びます。
 この所見があるときに、「炎症が起きている」と判断するのです👓

 傷を負ったときを思い浮かべてみてください。赤くなって(発赤)、熱くなって(熱感)、腫れて(腫脹)、痛い(疼痛)ですよね。あれはまさに炎症が起きているのです💡
 風邪は「上気道に炎症が起きている状態」と既に述べました。確認してみましょう。ノドは赤くなって痛いし、熱が出るし、リンパ節が腫れたりします。やはり炎症の状態ですね💨

 この炎症のプロセスを遮断する薬が、「解熱鎮痛薬」です。ブロックの仕方は薬剤により様々ですが、大きく以下のように分けることができます。
・ステロイド
・ステロイド以外


 ステロイドは、人類の大発見(発見者はノーベル賞を受賞しています)ともいえる非常に強力な薬です。ただし副作用も多いので、風邪くらいで使うことはありません。切り札的な存在なのです👊
 普通の病気でもっぱら使用するのは、後者の「ステロイド以外」になります🚩


解熱鎮痛薬についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
かぜ・医学についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ