booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2016年02月18日

WEB教育界はフリーに近づく

 息抜きがてらに、WEB教育界について書きます。
 manaveeが2012〜2013年にかけてメディアによく取り上げられ、だいたい同時期には教育youtuberとして名高い葉一氏などの台頭もあり、「(質の良し悪しはともかく)とりあえずWEBで受験勉強することが可能」ということは、十分認知されてきたように思います🚩

 WEB教育界にはmanaveeのような無料のものから、受験サプリのような有料(廉価)のものまであります。それぞれ、もちろん一長一短なんですが、私個人の考えとしては、「有料の講義動画配信は、ビジネスとして筋が悪い」です。
 超長期的にみれば、有料のサービスは絶対に成功しません。

 インターネットの革新性というのは、「すごいアマチュア」が既存のプロフェッショナルに比肩するレベルで情報発信をすることができるようになった点にあります💡
 ですから、必ず「無料でいいから、腕に自信のある自分の講義を公開したい」という人間が出てくるのです。5年や10年では十分な数ではないかもしれませんが、50〜60年も経てば全科目充足され得るでしょう。このような現象は、「デジタルコンテンツは、本来的にフリーに近づく性質を持っている」と表現されます。
 ですから、有料サービスというのは、当面、一時的には収益を上げられるかもしれませんが、半永続的なサービスにはなりえません(私の予言です)。
 受験サプリの事業者が、「一定の期間、稼げる分は稼いでおく」というスタンスなのか、それとも「末永く勝てるサービス」と考えているのかによって、だいぶ経営者としてのスジの良さが違ってくると思います。前者なら全然アリです♨

 受験ビジネスというものは、
(1)何十年にも渡って焼き直し続けている「同じ型にハマった内容」
(2)それ以外の価値(直接指導による結果コミット力の高い学習管理など)
 の2種類の価値から成り立っています。
 厳密に言えば、デジタル化してフリーに近づいていくのは、(1)のほうの価値になります。いくら、有料サービスが「カリスマ」だの「一流のプロ」なんだの謳ってもダメなものはダメです。いつかは必ず、フリーの圧力に敗北します(完全に消失するとまでは言いませんが)💣
 逆に言うと、(2)のほうは、未来永劫、消失しない価値です。自分の子を本気で合格させたいと思うのなら、有料の学習塾に通わせようとする親の存在は永久に不滅です✋

 これは、音楽業界と同じですね。Youtubeをみると、少なくとも古めの歌なんかは、幸か不幸か、あらかた誰かによってアップロードされてしまっています。以前のようにCDや有料配信で爆益を出すのは困難になってきているのです。
 しかし、歌手のライブコンサートはどうでしょう?従来通り、利益の出方は変わらないはずです。
 よく考えてみれば、それが本来の歌手の姿(生歌を披露し、ライブの一体感を共有して楽しませ、報酬を貰う)であったのであり、CDで巨万の富を得るというビジネスモデルが「たまたま大成功して一時代を築いたが、その繁栄が終わった」というだけの話なのです💨

 無料のWEB教育サービスの登場によって、既存の「塾」や「予備校」が大打撃を受ける・・・というのは、思考の方向性が間違っています。
 それらの価値は絶対になくなりませんし、大きく減ずることもありません。減じているように感じているのなら、自らの腕の悪さや、少子化のほうが要因としてよっぽど大きいでしょう。
 無料のWEB教育サービスが打撃を与えるのは、(1)を焼き直しているだけの有料のWEB教育サービスです👊
 そして安価な有料WEB教育サービスが打撃を与えるのは、ボッタクリ傾向のある高額有料のデジタル教育サービスです。

 最終的には、「無料のWEB教育サービス」と「有料のオフライン教育サービス」「(2)の価値をきちんと保持できる安価有料のオンライン教育サービス」が共存する・・・これが受験業界の最終形態です。考えてみればわかることですが、両者は相互補完的な存在なのです。


WEB教育サービスについてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ