booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
オンラインサロンを運営中です。aicon_97.gif
月額1000円というリーズナブルな費用で、勉強のコーチングを行っています。動画や教材だけあっても独力ではサボってしまうという方、個別に質問などしたい方などに最適です。主に再受験生が対象ですが、通常の生徒さんや保護者様も歓迎です。興味のある方は、「お問い合わせ」からどうぞ!

2015年11月28日

英語講座『SOEL』について1

 ご無沙汰しておりました。しばらく、学生の皆さんに良質な英語コンテンツをなるべく早く届けるという一大プロジェクトに集中していました💨
 とりあえず一段落しましたので、こちらの更新のほうもたまに進めていくようにします。

 2015年の時点で、あまり大々的なアピールは行っていないのですが、この度、日本の英語教育/学習におけるかなり大きな転換点となりうるコンテンツを無事に送り出すことができました。
 何回かにわけて、そのコンセプトや使い方の紹介をしたいと思います。

 講座の名称は「SOEL(Sentence-oriented English Learning)」です👊
 私は、「王道たる勉強の筋道は1つしかなく、それに相応するgenuineな学習コンテンツが1つあればよい」というポリシーを持っています。
 ですからSOELは、受験英語はもちろん、TOEICであれTOEFLであれ、ビジネス英会話のためであれ、きちんとした英語の実力をつけたいのでありさえすれば、英語学習のスタンダードとして通用するものとして作成しました⤴

 その前提には、非帰国子女の正確な外国語習得には「文法のインプット学習」は欠かせないということが挙げられます。
 昨今の英語教育事情は、スピーキングやライティング(もちろんリスニングやリーディングも)の比重を高くしていくという、アウトプット系学習重視の潮流となっています。
 旧来の文法重視の英語教育が、グローバル時代の中にあって明らかに行き詰まりを見せていることは間違いありませんし、その流れには私自身も大賛成です。

 ただし、「本当に世界で通用する人材を育てる」という目標を設定するのであれば、片言の日常会話やBroken Englishにとどまらず、正確な英語プレゼンテーションができないといけないわけで、そのためには、非帰国子女はやはり「文法のインプット系学習」からは決して逃れることはできません👓

 「文法が不必要だから、アウトプット系にシフトする」のではなく、「両方とも適切なレベルで必要」というのが真実なのです🚩
 しかし、教育の現場においては、英語の時間枠を大幅に拡張できるわけではないので、必然的にアウトプット系の割合を増やせば、文法の割合は削らざるを得なくなります。これでは、かえって逆説的に英語の実力が地盤沈下する可能性があるのです。あっちを立てれば、こっちが立たずという、難しい問題ですね。

 学校教育現場で文法に避ける時間が減少していく…その中で、文法教育の救済に関して教育者自身が何も手を打たずに丸投げすることは、無責任です。ましてや、それによって別途金銭的コストが発生する学習塾などに教育の役割が移ってしまうようでは、本末転倒です。
 そこで、ユビキタス性に優れ、かつフリー(無料)で誰もがアクセス可能な、「文法はとりあえずこれで学んでおけば間違いない」という、質・量を担保した英語講座の存在意義が明確に生じてくるわけです💡


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ