2015年05月09日

開成学園について1

 よもやま話第一弾です。こんな感じでたまに織り込みますダッシュ(走り出すさま)
 今回からしばらく、開成という学校について書いていきたいと思います。

 さて、開成学園といえば、東大合格者数全国1位の連続記録を保持し続ける、いわずと知れた私立進学校です。管理人とらますくは、ここの卒業生だったりするので、この学校について多少書くことができます。
 受験にかかわる人の中には、結構興味がある方もいると思うので、しばらくシリーズにして記事にしていこうと思います次項有

 まず、「開成」というと、「勉強ばっかりしてるんじゃないの?」というイメージが世間的には強いかもしれません。

 結論から言うと、これに対する答えは完全に「NO」です眼鏡

 開成には中学入学時点で300人の学生がいます。そして、高校受験で100人が編入してきて、合計400人となります。当然、これだけに人数がいれば勉強をする人もいれば、まったくしない人もいるわけです。
 体感で言うと、学年に数名〜10人くらいは「もの凄く勉強する」、上位50人は「ある程度勉強する」、上位100人までが「勉強しなくもない」という感じで、そこから先は成績順位と逆相関する形で「勉強は基本的にしない→まったくしない」へと推移していきます。

 ただし、この体感は高校2年生までです。さすがに受験生である高校3年生となれば、勉強に励む生徒数は増えることは確かです。しかし、それでも、少なくとも下位200人くらいに関しては勉強に本腰が入っているとは言い難いというイメージですいい気分(温泉)

 上記の人数比率から学生全体の平均でみれば、もしくは3〜6年間という在校年数全体という形で考えれば、学校の雰囲気としては全然「勉強ばかりする」という雰囲気ではありませんね。開成に限らず、おしなべて進学校ほどそういう傾向あります。
 これが、「親が進学校に何を期待しているか」とミスマッチを起こしうる部分だったりするんですけどね(笑)モバQ

 つづきはまた次回にダッシュ(走り出すさま)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ