2011年03月15日

生物講座について2

 2013年9月をもって、2014年度の高校3年生から適用される新課程「生物」の収録が、完了しました‼
 「生物基礎」とあわせ、全250回程度の超大作コースになります👊とりあえず、この先10年間の学習指導要領下では、そのままの形で有効です。

 本当は「生物」に関しては、2014年3月に間に合うくらいのつもりで、ゆっくり撮ろうと思っていたんですが・・・心待ちにしている生徒さんがいるということで予定を変更し、急ピッチで仕上げました。

 私の生物の講義は、「中堅〜最難関」までを完全にカバーします。つまり、まともに「生物を勉強しよう」と思う人であれば、どこを目指す人であれ、共通して使用することが可能です。
 初学者でも絶対にわからせるつもりで懇切丁寧に説明し、そしてハイレベル学習者も満足できるように高度な領域まで扱っています⤴終わってから振り返ってみると、生物基礎の最初期のほうはかなり緊張していて、言葉のテンポも悪く、かなり不満足な出来なのですが…(いつかすべてが一段落したら撮り直したいものです)

 そして、「学生に丸投げ」をした部分が一箇所もありません
 どんな塾,予備校,学校であっても、時間的制約によって、「あとはテキストを読んでおいてください」とか「ここは各自で見ておいてください」といったように、授業内で完全に扱えない領域があるものです。
 高校生物を、一切手を抜かずに、まさに「隅から隅まで」完全に解説しきった講義は、おそらく史上初だと思います。ましてや、無料で一般公開されているものとなれば、完全に史上初でしょう🚩

 さて、これだけ「フルで解説し倒している」私の生物講義の総計時間は、合計してみると概ね85時間です。
 標準的な塾や予備校は、1.5時間×20コマ=30時間を標準的な単位として計算しますから、遥かに手厚いということがわかると思います⏰

 当然、そこに詰まっている情報量は、他を圧倒しています。manaveeでは板書をあらかじめ書いて授業に臨むため、板書にかかる時間を節減できますし、その点でもさらに説明を手厚くできているわけです。よく考えてみたら、普通の塾,予備校って「先生が黒板に向かって字を書いている時間」に対しても、お金を払っているんですよね💨

 既に私の講義には、かなりの数の生徒さんがついていて、このペースであれば、今後は1000人単位での生徒数をみる展開になることが確実視されます。
 それでも、私の体力が持つ限りは、きちんと生徒さんからの質問などにも応えていこうと思いますので、応援よろしくお願いします。金銭的に応援できないという方は、youtubeチャンネル登録だけでも是非してください。登録者が増えれば、ライブ配信やyoutubeスタジオの使用など、活動の幅が広がります。
 
とらますく講師のyoutubeチャンネルはこちら

 生物を学ぶ人達で、通常の塾や予備校を利用しない人達は、私の授業をフル活用して、生物を強力な武器にしてください。そして、「よかった。役に立った」と思ったら、是非、後輩達にすすめてあげてください。皆さんの健闘をお祈りしています