2013年07月13日

第147回暗記法5〜暗記法のはじめに2〜

 本当に暑い日が続いているので、熱中症や脱水症に気を付けてください晴れ

 より優れた「記憶」の方法を追い求めるために、その根本である脳のメカニズムを解明しようとすることは、姿勢としては間違っておりません。
 しかし、実のところ、いくらメカニズムを明らかにしようが、そこから導かれる工夫は、結局「そんなこと当たり前じゃないか」と突っ込みたくなってしまうようなものばかりなのです眼鏡

 例えば、「記憶には、短期記憶長期記憶がある」ということは結構有名な事実だと思います。「記憶術」を扱う書籍にも必ずといっていいほど取りあげられているでしょうペン
 「短期記憶」とは、「電話番号を聞いてから、それをメモするまでに覚えておく。メモしたらすぐ忘れてしまう」という性質のものです。一方、「長期記憶」は、もっと長い期間知識を保っておける性質を持っています。
 すると、試験勉強をするにあたっては「長期記憶」が大事なわけですから、「短期記憶から長期記憶に移すには、どうすればいいか」ということを知りたくなります揺れるハート

 しかし、興味津々でフタを開けてみると、その答えは、なんのことはない「反復する」だの「知識と関連づける」だの、ありきたりなものなのですダッシュ(走り出すさま)

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ