booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2013年06月15日

第143回暗記法1〜暗記の心構え1〜

 最近は雨で、蒸し暑い日が多いですね雨今回から暗記法に突入ですexclamation×2

 まずは、「暗記法」に臨む心構えです。
 「暗記」は盲点にはなりづらいものの、その辛さゆえに現実逃避に走ってしまい、結果的に達成度も非常に低くなりがちですたらーっ(汗)

 例えば、「英単語がどうしても覚えられない」という人がいます。実際、そのような人に「1日あげるから、英単語100個を、全力を尽くして暗記してきなさい」と指示しても、満足に30個も覚えてこられないかもしれません。
 しかし、もし彼が「1日で単語100個を完璧に暗記しなければ、明日死刑になる」と宣告されたらどうでしょうか。本当に完璧にできるかどうかはともかく、30個よりは大幅に多くの単語を暗記できる可能性があります爆弾

 このように、多くの場合、暗記が嫌いであることが前景に立ってしまい、それを隠れ蓑にして、力が最大限出し切られていないのです位置情報
 「暗記ができない」という発言は、「暗記が苦手である」という意味で使うならば間違ってはいませんが、「暗記ができないから、暗記をしなくていい勉強法はありませんか?」というニュアンスを含むようではいけません。それは、勉強する上では絶対に避けられない「暗記」というプロセスから、無意味に目を背けていることになります

 逆に、「暗記という壁を絶対に乗り越える」という決意さえ固ければ、相対的には「暗記法」の影響は小さなものに過ぎませんパンチ
 これから紹介していく「暗記法」も種々多様ですが、「暗記するつもりのない人が華麗な暗記法を知っている」ことに全く意味はないのです。少なくともそれよりは、強烈な決意をもって「念仏」のようにひたすら暗唱して押し切ろうとするほうがマシといえます。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ