booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2013年05月04日

第137回理解法35〜理解の指標1〜

 GWですね晴れ遠出する方は、交通安全を心がけましょう!さて、ついに「理解法」の最終項目に入りましたダッシュ(走り出すさま)

 前回までで、「理解を助ける手法」は終了です。いよいよ、「理解法」の最後の締めくくりになりますが、その内容は「理解の指標」についてです。

 様々な手法を駆使して「理解」をしてきた結果は、最終的に勉強内容に関して「十分な理解」を達成することが目標でなければなりません。
 いくら手法論に秀でていても、最後のゴール地点を間違っていては台無しですふらふら

 しかし、「理解できているか」ということを外から判別するのは、結構難しいことです。
 確認テストをすればいいと思うかもしれませんが、ある程度「暗記」で代用してしまうことができてしまうかもしれませんし、全ての内容をカバーしてくれるような都合のよいテストが、いつでもどこでも存在するわけではありません。
 ですから、信憑性のある「理解の指標」を知っておく必要があるのですひらめき

 本サイトでは、この「理解の質」を担保するための「理解の指標」として、次の方法を挙げます。

 それは、「自分が先生になったつもりで、他人に説明できる」ということです位置情報

 お気づきの通り、これは第46〜48回の「勉強量に伴うべき質」で出てきた内容です。ただし、ここでは「理解」が目的ですから、「資料は見ながら」で結構ですいい気分(温泉)
 


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ