booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
booktop
注射手技に関する看護書籍が出ました!
全国の書店で好評販売中です!

本書は内容を前広に設定し、皮下注・筋注も含む注射手技全般、注射薬、看護観察、医療事故などについて取り扱っています!日頃の臨床に是非お役立てください。

2012年08月11日

第99回手法理論5〜勉強手法の構造A1〜

 五輪の獲得メダル数が順調に増えてますね!有料さて、ブログランキングで一瞬だけ1位を取ったり(笑)、「勉強法」というワードでの平均検索順位が15位前後に上がってきたりと、サイトは伸び盛りの状況にあります。そんな中で、更新頻度が下がってしまうのは心苦しいのですが、管理人の身体が壊れてしまっては元も子もないので、どうかご了承願いますダッシュ(走り出すさま) 

 第97,98回で述べたような「勉強の基本的なプロセス」に基づいたものの他に、もう一つ別の軸からの視点を導入すると、より一層「手法」が把握し易くなるとともに、その解説もしやすくなります

 それは、「インプット→アウトプット」というプロセスですパンチ
 これは、ごく一般的な考え方なので、既に馴染みのある方もいらっしゃるかもしれません。

 例えば、数学の勉強をするときを想像してみてください。「四則演算」などの数学のルールを何も知らないのに、いきなり計算問題を渡されても、解けるはずがありません。実際の計算問題を解く前に、「足し算や引き算はこうやります」といった前提の知識を仕入れておく必要があります。
 つまり、「問題を解く」すなわち「アウトプット」をする前には、「それに使う知識を頭の中に入れて身につけておく」すなわち「インプット」をしておかなければならないのです眼鏡

 一般論としては、「インプット」は教科書や参考書を読んだり、系統講義を聞いたりすることに該当します。「アウトプット」は、問題集を解いたり、模擬試験を受けたりすることになるでしょうひらめき


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ