booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2012年05月29日

第77回スペック1〜才能の分析〜

 新章突入ですグッド(上向き矢印)なお、トップページに新たなテキストリンクを設置しました。
 

 今回から、「スペック」をみていきます。理論式の中では、以下の反転部分に相当します。
spec.bmp

 「スペック」というお洒落な言い方をしいますが、要は「頭のよさ」とか「才能」のことですひらめき
 「頭が元々よい人は、勉強の進みも速い」ということは周知の事実ですが、それはどうしてでしょうか。例えば、「暗記力に差があるからだ」という意見が挙がるかもしれません。物を覚える速さと効率に優れるから、勉強の実力もよく伸びるのだというわけですが、もちろんこれは正解の一つです。
 ただし、「暗記力」が才能の全てというはずはありませんから、他にも何個か種類があることになります。しばらくは、これらを整理していくことになります眼鏡

 このように「スペック」を分析していくのには、いくつか理由があります。「頭の良し悪しは生まれつきのもので、変えようがないから、考える意味がない」という主張は一理ありますが、やや軽率です。

 第一に、自分自身の「スペック」を把握することで、勉強の力点の置き方等を工夫できるようになります。
 つまり、例えば「暗記力はダメだが、理解力はある」とまで解析できれば、それに応じて「暗記に時間をかける」というような工夫ができるようになるわけです。自分の才能のうちの何が優れ、何が劣るかが有耶無耶ではこのようにはいきません位置情報ともすれば、「頭が悪いから」といって、簡単に努力を放棄してしまう人や、頑張ってはいても方向性が誤っているために結果が伴わない人が現れてしまうでしょう。

 第二に、いずれ「手法」の分析をしていくに先立って、丁度よい導入になりますバー
 分析の中で登場する「スペック」の各要素は、それぞれに対応した手法論と密接に関わってくるため、前もってこれを分析しておくことは有用なのです。この点に関しては、「手法」に入るまで楽しみに待っていてください。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ