booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2012年05月23日

第75回意志17〜勉強の強制1〜

 さて、「意志」のセクションも残り2回まで来ました次項有内容的には少々谷間が続いていますが、どうぞお付き合いを。

 動機とそれに基づく意志は、本人の内面から湧き出てくるものでなければならないというのが大原則です。その助けとなるように、ここまで内容をまとめてきましたが、それでもなお、やる気が沸いてこないという人が多いと思います。

 このような人々は、何かのきっかけがない限りは現状を打破することは不可能なので、無理に焦っても仕方がありません
 その場合、最終手段になりますが、「強制される」という手に従うことが次善策となります位置情報

 実際、大人や教育者は「この子の将来のために」という一心から、嫌がる本人をつかまえて勉強をさせます。受験などの社会システムもその意味合いを含んでいます。管理人の場合は、いずれのパターンも、もろに影響を受けました。
 他にも、社会人でも、「○○の資格を取りなさい」と会社から命じられるケースがあると思います。

 このように現実的には、「強制される」ということは、勉強をする際の非常に一般的なあり方なのですひらめき

 無論、「強制されるから勉強する」という考え方では、自らの意志をもった勉強の足元にも及びません。学業成績はもちろん、「広義の教養・学問」ともなれば、かなり引けをとってしまいます。
 しかし、どんな時代でも「強制」が堂々たる役割を持ち合わせていることも確かです。なぜなら、本人自身が意志を持つまでの「つなぎ」の役割を担うからですパンチ


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ