booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2012年05月13日

第72回意志14〜広義の教養・学問2〜

 また、欧州の雲行きが若干怪しくなってきましたが、はたして・・・曇り

 人間は、いつも何かしらの社会活動をして暮らしていますが、そこでは様々な課題や問題にぶち当たります。それを一つ一つ解決しながら成長していかなければ、上手く生きていくことはできません。しかし、毎度新しい問題に遭遇するたびに、行き当たりばったりの解決策を模索していたのでは、埒があきませんー(長音記号2)
 そこで役立つのが、学習してきた「エッセンス」なのですひらめき例えば、「あのときは、こうして解決できた」という体験をもとにすることで、「今回は、こうやってみればいけるかも」という策が効率よく思い浮ぶようになるわけです。

 それを、もっとも幅広く、そして万人にとって無駄ない形でトレーニングできるのが「勉強」という場なのですexclamation×2
 種々の科目を経験する中で、バリエーションに富んだ「物事の活用・応用・適用の仕方、当てはめ方、考え方」といった論理的思考を学ぶことができます。また、題意や意図を読み取る力がつきます。一見、自分の仕事や生活に無関係そうな科目の勉強だって、その先に待ち受ける社会生活のほうが遥かに広大な範囲と分野を持つのですから、意外なところで役立つ可能性が大いに存在します。
 より大きな視点で眺めると、適切な計画を立ててその通りに勉強し、実際に成績が上がるというプロセスを通じること自体によっても、あらゆる事柄に通用する「成功のエッセンス」が身につくでしょうパンチ

 
 管理人自身、仕事をしていると新たに勉強しなければいけないことや、実地的に新たにクリアしなければならない課題には常に面し続けているわけですが、かつての学生時代(とりわけ大学受験生時代)の経験をもとにすれば、自然と「こういうタチの問題は、こう勉強すればこれくらいで解決できるだろう」といったようなことが見極められている気がします。

 以上のような意味での教養・学問は「広義の教養・学問」と呼べます。これは、外から直接見えないだけで、確実に「人生の縁の下の力持ち」として効力を発揮しているものなのですグッド(上向き矢印)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ