booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2012年03月24日

第58回勉強量24〜人事を尽くす〜

 今回で「勉強量」についての内容は終了です次項有

 「ジェネラリスト」になれるよう、穴がなくこのレベルまで勉強することに対し、世間は安易に「尋常でない」という印象を抱くかもしれません。例えば、「ガリ勉」とか「シコ勉」なんて呼んだりすることがあるかもしれませんが、それは少しおかしな話です猫
 むしろ「○○を勉強しなさい」と言われているのに、それに穴があるのが「勉強した」と言えるのでしょうか?例えば、会社の仕事で「○○をやっておいてね」と言われて、その仕事に穴があったら、ひどく叱られるはずです。度が過ぎれば、クビにすらなりかねません。
 「仕事に穴があってはならない」ということと、目標を達成するために「勉強に穴があってはならない」ということは、本質的に同じもののはずですパンチ

 まぁ、「ガリ勉」とか「シコ勉」という言葉は、「勉強量の目標が正しく高い」という意味だけでなく、「効率の悪そうな勉強ばかりしている」とか「勉強以外のことはからきしダメ」といったようなニュアンスを含むため、厳密には意味合いが異なります。しかし、どんなに頭のいい人だって、正しい勉強量を達成しようと思えば、多大な時間と労力を伴います。少なくとも、いつでも「スマート」でいれるわけではなく、人生の節々では時に「泥臭さ」が必要となることもあるのです。
 
 是非、皆さんも「穴なく徹底的に仕上げる」ということに決して違和感を抱かず、自然のことに思えるようになってください。この考え方は「心構え1・2」と併せて、いわば「人事を尽くして天命を待つ」の「人事を尽くす」にあたるともいえます晴れ人事を尽くさなければ、天命は決して微笑んでくれません。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ