booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2011年12月24日

第38回勉強量4〜教材単位で考える2〜

 クリスマス・イブなのに、この記事を読んでいる真面目なあなたには、きっとご利益があると思いますクリスマス

 二つ目のNGパターンは、教材は十分量あるとしても、各々をつまみ食いしているに過ぎないというものです。
kajyo.bmp
 人によっては、教材の数だけはむしろ過剰に揃えてあることすらあります。しかし、その教材がカバーする勉強範囲をやり切らずに、中途半端に手をつけるだけだと、結局トータルとしては穴ができてしまいますたらーっ(汗)

 前回と今回の2種類を組み合わせて、「持っている教材の数も不十分な上に、つまみ食いしかしていない」というのも、かなり多いケースです。もちろん、いずれも場合でも勝負になりません。

 さて、失敗例をみた後なら、正しい教材の選び方も自ずと見えてくるはずです。最後に、それを確認しておきましょう。
textselect.bmp
 これほどシンプルな結論はありません。選んだ教材に漏らしなく手をつけるのであれば、試験範囲をカバーしきる必要十分量だけを集めればよいのですひらめきしかし、こんなに当たり前の原理を意識的に守れている人は多くありません。
 もちろん、これより多く教材を追加するぶんには構いません。しかし、それは、あくまでこの原理原則を遵守できる上で、さらに余力のある人に限っての話です。逆に、そうでない大半の人は、過剰な教材が手元にあることでかえって目先がチラつき、目標が見えづらくなります。そして、前述の失敗パターン2に陥るのです。
 まずは、「試験に合格するための、これ以上のこれ以下でもない量」を押さえることが肝心ですパンチ


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ