2011年12月03日

第35回勉強量1〜危険な自己判断〜

 完全に冬っぽくなって参りました雪あせあせ(飛び散る汗)

 前回までで、「時間」については終了です。今回から、しばらくの間分析していくのは、勉強量が具体的にどれくらいであるかということです。理論式の中では、以下の反転部分に相当します。
mass.bmp
 前トピックの「時間」と比較して、本トピックの「勉強量」は、その見積もりを誤るケースが遥かに多いため、厳重な注意が必要ですむかっ(怒り)
 まず、わかりやすい例で考えてみましょう。大学受験を目指す人が、「中学レベルの内容は完璧だ」といって満足していたらどうでしょうか。これは、明らかにまずいとわかるはずです。他の点でいくら優れていようと、「どれくらい勉強するのか」という目標を勘違いしたらどうしようもないのですたらーっ(汗)
 このような極端な例を鼻で笑った方もいるかもしれませんが、現実は真逆です。例えば、何か教材を渡されて、内容を暗記するよう指示されたとき、勝手に「赤字や太字のところだけでいいや」とか、「ここは試験に出ないだろう」などと判断したりしていないでしょうか?もしくは、最初から100%暗記することを放棄して、「80%くらい覚えられれば十分だろう」などと考えていないでしょうか。ほとんどの人は、多かれ少なかれ心当たりがあるはずです爆弾

 これがまさに、非常に危険な「自己判断でハードルを下げてしまった」という瞬間ですどんっ(衝撃)本質的には、中学レベルで満足している大学受験生と違いはありません。このように勝手にハードルを下げてしまい、ハナから勝負になっていないという状況は、成績不振者の大半に当てはまるといっても過言ではありません。
 経験的にも、外から眺めていて「その程度の勉強で○○試験に合格できるとでも思っているの?」と感じてしまう人は、山ほど存在します。逆に、成績優秀者とは、その「勉強量の見積もり」が総じて高く、これを目標に勉強する人であるともいえるのです。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ