booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2011年10月01日

第26回時間6〜持ち時間という考え方1〜

 今週は割りと平和に過ごせた気がしますいい気分(温泉)

 今回から、「時間=持ち時間」と捉える、より現実的なパターンの解説へと段々入っていきます次項有

 前回までに解説してきた「時間=所要時間」という捉え方は、理想的ではありますが、現実的にその戦略を取れる人は少ないと述べました。実のところ、自分の「意志×スペック×手法」を正確に把握できている人が極めて少ないのです。
 なぜなら、「手法」はともかくとしても、「意志」や「スペック」が関わってくる以上、少なくとも一度は、「頭も体も焼き焦げてしまうくらいに死力を尽くし、自分の勉強の限界をみた」という経験がなければ、これを把握することができないからです爆弾
 車に喩えれば、アクセルが床にベッタリくっつくまで踏み込んでみて、出せる最大のスピードを試してみなければなりません車(セダン)人間には、「あなたの勉強の限界スピードはこれぐらいです」という取扱説明書などついていないのですから、一度はそうしてみないと本当の力を見極めることができないのです。
 これを踏まえると、おそらくほとんどの人が、本当の意味で自分が出せる勉強スピードを把握できていないと思います。「自分の能力なんてこんなものだよ」と思っているものは、あらかたハズレだと考えてください。多くの場合、人間は自分の浅はかな見積もりよりもずっとずっと大きなポテンシャルを秘めているものですプレゼント
 これに当てはまる大部分の人達は、「所要時間」というアプローチのような「理想形の戦略決定」を採用することはできません。その真似事をしても、十分な勉強スピードなど発揮される由もなく、必ずやベストよりも低いレベルで妥協することになるでしょう。

 それでは、現実的にはどう勉強戦略を決定するのが妥当でしょうか。その答えが、「時間=持ち時間」という考え方になりますひらめき


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ