booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2011年07月30日

第17回理論1〜勉強法の理論式1〜

 今回から、いよいよ「勉強法」に入っていきます。しばらくのテーマは、「勉強法理論」になります次項有

さて、普通に「勉強法」と言われると、多くの方は「暗記法」などが真っ先に思い浮かぶと思います。しかし、そのような枝葉末節論にいきなり飛び付いてはいけません。まずは、大枠からしっかり紐解いていきます

 勉強に臨む際、「やる気はあるのだけれど、何をどう頑張っていいのかわからない」という方がしばしばいます。このような人にとっては、勉強法を構成する多くの要素がごちゃごちゃと一度にのしかかって、頭がパンクしてしまっているのです。そこで、勉強に必要とされる各要素を、相互の関連性を明確にしながらリストアップすることにしましょう。

 ここで登場するのが、当サイトオリジナルの「勉強法を表す理論式」です。これによって、整然と全体像の把握ができるはずです。ここは、一つの山場です。重要exclamation×2
theory.bmp
 それでは、この式がどのような意味を持つか考えていきます。
 式を考えるとき、「距離÷速さ=時間」の関係を思い出せば、わかりやすくなります。例えば、100kmの距離を時速50kmの車で移動するには、2時間かかるという関係式です。もし、時速25kmの車であれば4時間かかります。先の式では、もう少し複雑な形をしていますが、基本骨格は同じです。「距離=勉強量」、「速さ=意志×スペック×手法」と相当させることができます車(セダン)

 この続きは、次回に。この式で考えると、個々人の勉強計画がどんなイメージになるのか、考えてみてくださいね手(パー)


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ