booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!

2011年07月19日

第15回概要5〜正しい勉強法2〜

 夜勤の関係で、少し間隔が狭いですが更新します。前回同様、ボリューム多めです。これで、ようやく次の週末から進展してきますダッシュ(走り出すさま)

 皆さんにとっての最優先事項であろう「成績が本当に上がる。また、最短で上がる」ということは、「使える勉強法」の決してはずせない特徴の一つといえます。その一方で、「勉強の本質」という点では、もう一歩踏み込んだ視点も持っておくほうが賢明ですひらめき

 「当たり前の勉強法」さえできれば、満足いく程に成績を上げるには十分ですし、逆に、それ以外の手段もありません。正しく実践できれば、全国上位に顔を出すくらいの成績だって現実味を帯びてきます。ただし、本質を捉えた「正しい勉強法」を提言する際に、それだけを目標にするというのも疑問符がつきます。
 ただ勉強をするだけなら、デタラメな勉強法でも多少は役目を果たしますし、成績を上げるだけならスパルタ教師の指示通りにしていればいいかもしれません。しかし、そこで考えてみてください。勉強に興味が持てた、勉強が得意になってきた、そして○○を習得した、○○に合格した。それから皆さんはどうしますか?その次にどうしますか?

 勉強は、あくまで手段であって目的ではありません位置情報人生における長期的な真の目的を達成するためでなければ、意味がなくなってしまいます。「難関資格を取ったのに、食えない」とか、「難関校に合格したのに、落ちこぼれた」、「学歴だけは優れているが、てんで仕事ができない」といったことは、その最たる例です。

 この事実を考えるにあたってキーポイントとなるのは、「それまでにしてきた勉強」と「その先にある活動」との間における「ギャップ」です。例えば、医師という職業で考えても、「医学だけ」の知識がありさえすればその職が務まるわけではありません。同様に、有名な進学校に入っても、受験勉強科目の内容が大人になってからの仕事等にそのまま役立つわけではありません。普段机に向かってやる勉強は、基礎的な土台として絶対不可欠なものですが、このように、それだけで世の中の万事が解決するということは、決してありえず、必ず現実世界における実務活動や未知の学問領域との間に「ギャップ」が存在するのですあせあせ(飛び散る汗)

 そして、机上の勉強の実力に加えて「ギャップを埋める力」が伴って初めて、社会的な活躍ができるわけです。例えば、何かしらの資格を有効活用して上手に稼いでいる人は、資格そのものの効能だけに頼らず、「頭」もよく使っています。「今、この資格保持者が必要とされている領域はどこか」、「顧客を獲得するにはどんなサービスを展開すべきか」、「さらに付加価値をつけるために、他に学ぶべきことはないか」・・・こうしたことを常に考え、自分の仕事に活かそうとしているはずです。つまり、勉強の成果としての資格そのものというより、その資格を取れただけの勉強ができる自分の能力の運用に長けているのです。
 逆に言うと、「正しい勉強法」は、勉強を通じてこのような力が同時についてくるようなものでなければなりません。次図を参照してください。勉強に成功する過程において、将来のあらゆる状況でも通用するような「成功のエッセンス」を体得すべきなのです手(グー)
concept.bmp
 以上のことも、これから解説していく「勉強法」の、もう一つの重要なコンセプトになっています。これは、ごちゃごちゃした適当な勉強や、他人による指示の完全な言いなりな勉強とは、一線を画しています。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ