booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2011年06月18日

第9回プロローグ9〜より上級な勉強2〜

 忙しかったこともあってか、若干体調を崩してしまった管理人です…(*_*)

 勉強法を考える上で、「発展的、応用的、そして革新的な勉強」にも繋げていくことは、大変重要な「本質」の一つです。しかし、それを扱うために、極めて高度な勉強や専門的な学問分野の解説等を、この場で行うのは非現実的ですふらふら
 例えば、最先端の数学を取りあげて「ディオファントス方程式(←ちなみに管理人も、全くなんのことかわかりません笑)」について語っても、それは「発展的、革新的な勉強」の一例であることは確かですが、一般人にとっては非常に汎用性の低い「役に立ちにくい知識」で終わってしまいます。
 そこで、当サイトとしては、むやみやたらと専門的な分野の解説に足を踏み入れたりするのではなく、ごく普遍的に役立つような「発展的、革新的な勉強」への示唆をすることを考えなければなりません。

 その際、一見逆説的なようですが、やはり「当たり前の正しい勉強法」を正しく分析することが最も近道になるのですパンチ

 その理由のヒントは、「普遍的な勉強法のエッセンス」は、どんな勉強のレベルにおいても全く同じだということです位置情報
 「積み木」を想像してみてください。積み木は高く積めば積むほど崩れやすくなりますから、「100段目の上に101段目を積む」という行為は、大変難しく高度なことです。しかし、そのノウハウ自体は2段目の上に3段目を積むときと全く同じです。つまり、いずれの場合も、最も大事な原則は「既に積まれたもののバランスが崩れないように、真上に積み木を乗せる」ということであり、それ以上でもそれ以下でもありません。
 これと同様に、「当たり前の正しい勉強法」という初歩的な段階から習得できるエッセンスは、上級的な段階においても最も重要な方法論として通用するものなのです。管理人自身、きちんとした自分の勉強法を確立できたのは大学受験以後でしたが、医学の勉強をする今でも、それと全く同じ方法論を適用しています。「科目」という視点では、勉強の対象は大きく異なりますが、「勉強法」としてのエッセンスは全く変わらないのです。

 大事なことは、「当たり前の正しい勉強法」の会得に励む際に、「この延長線上に、発展的、革新的な勉強があるのだ」という意識を持つことです。当サイトの一般記事で扱っていく勉強法の解説は、全体の大河的なストーリー構成に工夫を凝らし、以上の視点をしっかりと活かすことができるようにしてありますexclamation×2
 当分先の話にはなりますが、もし一般記事の最終回まで通読していただければ、きっとその巧妙な仕掛けに気がつくことでしょう。


※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ