2011年03月15日

Web講師としての始まり

 管理人のWeb講師としての活動は、manaveeとの出会いに始まりまするんるん


 管理人は、5〜6年かけて2010年頃に、渾身の力作である「本当の勉強法を知りたくないか?」を書き上げました。
 当初は、それをすぐに本にして世に送りだそうと考えたわけですが、「いきなり出しても認知されるはずがない」という当然の問題点が浮かんできましたふらふら

 そこで当面は、著者である管理人自身の社会的プレゼンスを高める努力をすることにしました手(チョキ)
 この辺りの経緯は、当サイト記事の本当に初期のほうでも触れています。もちろん、このサイトそれ自体も、その活動の一環であったわけです。


 さて、そんな中で「普通にサイト運営しているだけでは、ありきたりだな。もっとインパクトのあることはできないかな」と考えるようになりました。しばらくアイディアを練っていたら、「生物学の授業をYouTubeにUPしてしまったらどうだろう?」という考えが浮かびましたひらめき

 なぜ、「生物学」かというと、単純に管理人が大学受験生であったときに最も得意な科目であったというのが一つの理由です。そして、管理人の現職が医師であることも踏まえると、最も「教える」という行為において腕落ちしていない自信があったというのが、もう一つの理由です。

 でも、科目の選択は些細な問題です。いずれにせよ「学習指導要領に従った全カリキュラムを制覇する形で、さらには塾や予備校にも引けを取らないクオリティで、受験対策授業を無料で提供してしまおう」と思ったわけですパンチ

 当時、既にたくさん存在したような、「イントロだけを紹介して、入塾を促す」とか「授業の一部分だけをみせて、あとは有料サイトに誘導する」とかいったものとは異なります。本当にその授業だけで「少なくとも生物学は、これを受けるだけで大学受験対策は十分」といえるようなラインアップにしようと考えたのです。

 高校生物のカリキュラムを全制覇するわけですから、途方もない労力がかかるわけですが、こうすれば「とんでもないことをしでかした奴がいる!!」と既存の受験界が大騒ぎになり、管理人のプレゼンスが向上!・・・という妄想をしたわけです(笑)猫


 ここで、管理人は先行者調査をしました。「まさか、自分を除いてこんなバカなことをする奴はいないだろう」と。普通に考えれば、既存の受験界がこれをやるとは考えられません。商売あがったりですからね。
 そんな感じで、余裕しゃくしゃくでYouTubeを探索していると・・・


 こうして、「manavee」と出会いを果たしたわけです次項有


 最初は、「あぁ、やっぱり自分が思いついたことなんて、もう先にやってる人間がいるんだな。やめやめ」と思いました。しかし、ふつふつとmanaveeへの興味が湧いてきました。

 「こんなお金にならないバカなこと(笑)をするのは何奴だ!?」ダッシュ(走り出すさま)

 当時のmanaveeは、まぎれもなく代表者の花房氏が個人的に自腹を切って運営していたのです。
 ますます興味が湧いてきました。しかも、「全カリキュラム制覇」がされている講座は、まだ存在しないということもわかってきました。

 むむ!?これは逆に考えてみよう。manaveeのような無料Web教育サービスの存在で自分のアイディアは「終わった」のではなく、「始まった」のではないだろうか?
 授業をするには、黒板やホワイトボード、カメラやパソコンなどのインフラが必要になります。当初はそれらを自分個人で用意するつもりであったわけですが、manaveeで授業をやらせてもらえばいいのではないか?

 しかも、manaveeはちょうどメディア露出も増え始めた頃でした。
 管理人は、インフラを使わせてもらうことで、自己負担を軽減させることができます。一方、管理人が優れた講座を一生懸命提供すれば、manaveeとしてもコンテンツの充実を図ることができますグッド(上向き矢印)
 これなら「プレゼンスを高める」という目標も叶えることができる!



 そんなわけで、すかさずコンタクトをとらせてもらいました。
 以上が、私とmanaveeの関係が始まった経緯なのです。