booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2019年01月26日

家庭の教育予算抑制のための基本コンセプト2

 最近の国際情勢をみていると、本当に気分が優れませんね・・・。
 いわゆる「人格者」という存在って、皆さんぼんやりと認識できるわけじゃないですか。そういう人格者の思考回路というものだけをAI化して、それに政治を任せてしまいたいという気持ちになります💨


 思えば、そもそも教育の原点は、「家庭」にあったはずです。
 どうしていつの間にか日本人には「教育は他人がしてくれるもの」という要求意識が過度に浸透してしまったのでしょう

 人間社会における存在の最小単位は「個人」ですが、その次に小さい単位が「家庭」です。社会の仕組みは、近代文明の発達とともに、秩序と繁栄を保つため「社会(公)のサービス」を提供するようになりました。しかし、当然のごとく、それは個人や家庭という枠組みを完全に代替するまでには至りません。
 哲学者プラトン(ギリシャ;紀元前427年 - 紀元前347年)は、子供の教育は家庭の責任の下に行うと著しい不平等が生じるので、教育に違いが生じないように子供は家庭から取り上げて国の責任で行われることが理想だと主張しました。しかし、プラトン自身、これがあまりにも現実離れしていると、最終的に認めざるを得ませんでした👀

 生物学的なつながりに基づく「家庭」という単位は、極めで強固なものであり、社会はどこまで発展してもその根源的な枠組みから逃れることはできないのです。
 日本が、国家として教育サービスを提供し始めたのは、明治維新以後(教育勅語が象徴的です)になります。それでも、まだまだ学校へ行ける子供たちが少なかった時代は、「学校が与えてくれる教育」こそ、最高級で基準とみなされる存在でした。この時点では、学校に「行ける」ないしは「行けない」という間に明白な不平等がありました👊
 しかし、現在は義務教育が整備され、高校全入時代・大学全入時代となって、皆が学校に行くことはもはや「当たり前」のこととなり、今度は「いかに質のよい教育を受けるか」ということに主題が移っています。こうなると、再び教育の不平等には、家庭の不平等が如実に反映されるようになることは自明の理です。

 「子供によい教育を受けさせたい」と考えるとき、それはやはり詰まる所、家庭(親)の責任へと還元されます
 結局、現実問題として「教育」の主体は今も昔も「家庭」であり続けるのです🚩



※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年01月19日

第212回継続法19〜反復のモデル2〜

 暖冬とはいえ、局所的にはまだまだ寒い日が続きますね🌀 そして、本日はセンター試験ですか。受験生はがんばってください✊


 前回お話しした「単純モデル」のような何の変哲もないやり方では、「最初の頃にやったものを忘れてしまう」という欠点があります。教材の分量が少なければこれはあまり問題になりませんが、そうでない場合は厄介な問題です。
 勉強の分量が非常に多く、勉強が長期間に渡る場合、「夢中なテンション」だけで一気に読み込むことはかなり困難です。その分野の勉強がとても好きな人は没頭できるかもしれませんが、そうでない人には不可能でしょう。また、現実的には、勉強は一つの教材だけとか、単一の科目の勉強だけでは済まないわけですから、あまりに長い期間その勉強内容だけに拘束されて他のものが全く手につかないという状態になってしまっては、かえって弊害のほうが大きくなってしまいます💥
 ですから、「長丁場として構える」という姿勢を必然的にとらなくてはなりません。すると、どうしても「最初の頃にやったものを忘れてしまう」という問題が生じてしまいます💨

 そこで、この欠点を解消するため、「単純モデル」をもう少し発展させたモデルを考える必要があります。
 それは、「通常通り学習を進めていくが、ちょうどよいまとまりごとに一度区切り、その広い範囲の総復習を行う」という方法です。
 イメージとしては以下のようになります。
totalreview.png

 よく考えてみると、学校や学習塾のカリキュラムは、ほとんどがこのモデルを採用しています。
 すなわち、単元ごとに「復習テスト」がある他に、数回分とか数か月分の内容をまとめて「総復習テスト」を設けて、このような反復の仕方を促しているのです。これらの公共的な教育機関は、実務上、特殊な反復法を採用することは難しいですから、この方法に落ち着くのは妥当な結果といえるでしょう。これを、「総復習モデル」と呼ぶことにします🚩

 これは、欠点らしい欠点のない非常にバランスのとれた反復法です。
 多くの場合、教材自体もこれに沿うように作られていますから、自習をする際にもその形式に従っておくのが無難です。もちろん、教育のプロが普段から用いているものなのですから、その有効性に疑問の余地はありません✋


※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年01月12日

第211回継続法18〜反復のモデル1〜

 寒さがピークですね⛄ インフルエンザが大変流行っておりますので、皆さん十分感染対策に気をつけてください🚩


 ここまでの話を踏まえた上で、代表的な反復のモデルを考えていきます。話を単純にするため、一つの教材を仕上げる際の反復法を検討することにしましょう。
 お気に入りのモデルを選んで採用するのも構いませんし、時と状況に合わせて適切なやり方を組み合わせて用いるのも、優れた戦略です💡

 まずは、もっとも単純なモデルからご紹介します。それは、「一通り終えるまでは、特に工夫もせず順番通りに進める。それ以後は、反復を行う」というものです。
 模式図に表すと、以下のようになります。
simplemodel.png

 この方法自体には、特に奇をてらったところはありません。誰でも自然に思いつくようなやり方ですし、特に何も指示を受けずに勉強するとしたら、このような方法を本能的にとる人が多いと思われます。このような進め方を「単純モデル」と名付けておくことにしましょう👓

 しかし、「工夫がない」からといって、「有用でない」ということは全くありません。世の成績優秀者が、皆が皆、特殊な反復法を実践しているわけはありませんから、逆に言うと、このようなやり方でも十分に通用するということがいえます。むしろ、成績優秀者こそシンプルな方法を採用しているものです👊

 この「単純モデル」のデメリットとしては、「初期に学んだことを忘れやすい」ということです。前に述べた通り、上手な「反復」をするには、早めに一通り終えて、反復モードに入りたいところなので、この点を何とかしておきたいところです💨

 ですから、このモデルを採用するのに向いているケースとは、「教材の分量がさほどのものではなく、一週間やそこらで片がついてしまいそうなとき」ということになるでしょう。それくらいの短い期間ならば、下手な工夫をするよりも、猪突猛進し一気に勝負を決めてしまったほうが賢明なのです👀
 というのも、量が多くないにもかかわらず下手に引き伸ばしてやっていると、かえって無駄な雑念が発生して「継続」が尻すぼみになったり、他にしなければならないことが発生して中断に追い込まれるリスクが出てきたりするからです。
 漫画やゲームに夢中になっているときを思い出してみてください。例えば、何十巻もあるような漫画も、夢中になって読み込めば一日か数日間で全て読み終わってしまいます。量が多くない教材に関しては、そのようなテンションをもって「単純モデル」で片付けてしまいましょう✊



※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2019年01月05日

「ガチ人材」形成の再体験

 2019年あけましておめでとうございます☀
 今年は年号も変わる年です。私自身もキャリアの面でいろいろ転換点を迎える年になりますので、いろいろ動きを見せていきたいと思います⤴


 今日は、これまでとは少し違う角度から、私が公開しているWebコンテンツについてお話ししたいと思います。

 私の講義群(生物・英語)は、何度も述べてきたように、飾り気はないですが「ひたすら本気」のコンテンツでありまして、これらを学習の中心に据えて(補助的な使用でなく、メインの教材として据えて)医学部合格を勝ち取ったという方々が結構います(そして、今後も増え続けるでしょう)✊

 そのような彼等のうちの一人(現在の医学部生)に先日お会いする機会がありまして、話を伺ってきました。

 その中で、「とらますく先生の講義を完遂することで、‘学び方'そのものを学ぶことができた。今の自分には、今後どんなに知らない科目や課題に向き合ったとしても、そこで体得した方法でそれをクリアしていくことができる自信がある」と言ってもらえたのです👀


 これは本当に有難く、そして素晴らしいことですね。
 私の講義コンテンツの作りは、その奥にあるメッセージが、届く人にはきちんと届くのだということに改めて確信を持つことができました⚡

 上記の言葉の意味が皆さんには伝わるでしょうか?



 一般論として、学習のレベルは以下のように上昇していきます。

やる気がない
→(A)やる気が出る
→(B)初級
→(C)中級
→(D)上級

 アルファベットを振っている部分が、ボトルネックになる部分なのですが、予備校を含めたいわゆる従来型の教育コンテンツって、「(A)(B)」というセットか「(C)(D)」ないしは「単独(D)」といったようなセットしか提供されていないわけですよ💨
 ちなみに、「単独(A)」しか価値を提供していないのが、‘旧き良きエセ・カリスマ系予備校講師’です。

 いや、もちろん予備校の基礎コースと応用コース両方とれば原理的には全ボトルネックへの対応は可能ですよ(まぁ、それでも所詮は虫食い的ではあるのですが)。しかし、それぞれのコースは通常年間コースで設定されているわけですから、その通りの効用を得るには「1年目基礎コース→2年目応用コース」といったように、段階を経て受講しなければなりません。そんな律儀な受講をする生徒なんかほとんどいませんよね?(笑)
 ほとんどの凡人は、わけもわからず「自分のレベルに合っている(と予備校からすすめられる)コース」を受講して、なんとなくの知識をつけて、なんとなく志望校に受かっていくのが現実です。そもそもが、極めて高い確率で「虫食い学習」になるようにしかデザインされていないのです。
 そして、量産型の大学生〜社会人になっていきます💥


 私は、私の講義を通して、そんな人材を育成したいのではありません。数は少なくてもいいから、「ガチ人材」を送り出したい
 ですから、常に、(A)→(B)→(C)→(D)全てを一つのコンテンツに凝縮した「知識ゼロの状態から始めて、東大や医学部レベルに通用するまでの実力形成ができる」ようにデザインしています👊


 「数は少なくてもいいから」というのがポイントです。「数が少ない」となると、通常のビジネスとしては、成り立ちません。一方で、市場の広い「愚者を躍らせる」コンテンツばかりが跋扈するのです。
 私は予備校畑の人材ではなく、医師であるから、収益性など度外視で(よい意味でユーザーに媚びることなく)そのようなコンテンツを作成することができるし、挑戦することができます(逆に私のような立場の人間がそれをやらなかったら、誰がやるのか?)。


 先の医学部合格者さんは、生物講義の利用者でしたが(当時はSOELはありませんでした)、「独力では理解もままならない」というレベルから、医学部レベルの生物の実力を手に入れることに成功しています。
 このように私のコンテンツは、「ふもとから、富士山の頂上まで完全に面倒をみる」ものです。
 先述の合格者さんは、「有用なので、周りのいろいろな人に薦めたが、分量が多いので、完遂できる人はほとんどいなかった。完遂した自分は医学部に合格できた」とも述べていました。まさにこの通りです👓


 そして、この講義体系は、私自身が経験してきた学習のプロセスをより洗練した結晶のようなものなので、私のコンテンツを完遂した者は、「とらますく先生が頂上まで行く間にかつて見た景色」をそのまま再体験することになります。
 その過程で「ああ、‘ガチで学ぶ’というのは、こういうことなんだな」という‘学び’が、リアルな実体として得られるわけです。言い換えると、富士山の山頂まで完全サポートで連れて行ってもらった体験を通じて「一つの山を制覇するとは、こうやるのか」というエッセンスが身に付くということです👣


 なお、「‘学び方'そのものを学ぶ」ということを主題とした書籍が、何を隠そう『本当の勉強法を知りたくないか?』なのですが、裏側に通っているバックボーンは一緒なので、個別の科目学習コンテンツを通してでも、同一のエッセンスが得られるようになっているというわけです。
 先述の合格者さんも、別に『本当の勉強法を知りたくないか?』それ自体の読者ではありません✋

 こうして巣立った「ガチ人材」は、「代わりのきく量産型人材」とは明瞭に一線を画するし、日本(や世界)にとって役立つ人材になりうると私は考えています。
 「富士山の登り方」を再体験できたのですから、あとはもっと高い山も同様のノウハウで、今度こそは自力で登れるはずだということです。「富士山の3〜4合目くらいまでしかサポートしない」従来型のコンテンツとは、そこに明確に違いがあります💣

 そんな思想が、一見味気ない、しかし「基本だけやります」とか「虫食い的な演習」系のコンテンツとは比較にならない分量を持つ講義群の背景にはあるのです。
 そして、MANAVIEにおいて、私は全科目に関してそのような世界観を完成させたいと思っています🚩

 
 長くなってしまいました。
 ま、一行で簡単にまとめると、「ガチ勢は私がプロデュースするコンテンツを信頼して、最後までついてきてください」ということです(笑)



※とらますく講師の生物講義に準拠したテキストや、個人出版物こちら

※無料Web学習サービス『MANAVIE』はこちら
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロで最高峰の実力が手に入ります!
MANAVIE_320x50.jpg

ブログランキングに参加中。もしよかったらクリックに協力お願いします。
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ