booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)
オンラインサロンを運営中です。aicon_97.gif
月額1000円というリーズナブルな費用で、勉強のコーチングを行っています。動画や教材だけあっても独力ではサボってしまうという方、個別に質問などしたい方などに最適です。主に再受験生が対象ですが、通常の生徒さんや保護者様も歓迎です。興味のある方は、「お問い合わせ」からどうぞ!

2018年03月31日

進学校に入れないと「詰む」のか1

 いよいよ新年度ですね!今年度は、個人的にも楽しみなことがたくさんあります⤴


 前回、「意義の乏しい進学校」だったら、わざわざエキストラの学費を払う必要はないという話でした。
 もちろん、「いやいや、東大に行きたいのだから、その進学確率が最も高い開成に入れたいのだ。開成に入れなければ、負けだ。私は一流の進学校の話をしているのだ」というような意見を持つ人もいるでしょう。
 それは確かに一面では正しいですが、全面的に正解であるということにもなりません👓

 最も重要な問いかけは、「一流進学校に入れなければ、本当に絶体絶命なのか。人生が『詰む』のか否か」ということです🚩
 有名進学校に入れなかったときに、文字通り「人生が詰んでしまう」のであれば、それは重大な問題です。それなら、私だって、一流進学校に入れるような人生戦略のプラン立案を皆さんに提供するよう、徹底的に評論の舵を切るところです。

 しかし、こんな問題、回答は「詰むわけがない」に決まっているのです✋
 これは何重の意味においても、そうです。

 既に述べたように、東大はもちろんのこと、全国の有名大学の定員はいずれも数千人規模もあるのですから、一流進学校の定員の総数を遥かに上回っているわけです。この時点で、「一流進学校に入れれば一流大学に入れる。一流進学校に入れなければ、一流大学に入れない」という図式が成り立たないことは明白です👀
 どちらかというと、「一流進学校に入れなかった」という理由だけで「一流大学はもう無理」と諦めてしまうような、安直な精神性のほうに問題があるのです👊

 そんな当たり前のこと、皆、頭ではわかっているのかもしれません。それなのに、いざ自分の子供のこと(というより親自分自身のことなのかもしれませんが)となると、もはや全人生がかかっているかのような負荷をかけてしまがちです。
 その辺りの無意味さに気付いてマインドセットを変えることができないと、「お受験周りで‘不幸’になる」可能性は高まるばかりです💦


無料学習サービス『MANAVIE』はこちら!
https://manavie.jp/
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロでも、最上位を狙えます。受験勉強、生涯学習のお供にどうぞ!
MANAVIE_320x50.jpg

受験勉強についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング
受験についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年03月24日

その進学校は費用に見合うのか?!

 「進学校の価値の代替可能性」について、論点を二つに絞りました。
 今回は、その一つ目、「その進学校に入ることは、本当に費用に見合うのか」を検討してみたいと思います。

 世の中には一口に「進学校」といってもピンからキリまであります。開成、灘、筑波大付属駒場・・・といったような名だたる進学校であれば、その実績や「進学校性」には確たるものが存在します。
 しかし、そこから何段も下っていくと、「名ばかりの進学校」が多く存在することも事実です💥
 「才能の青田買い」なるものは、本当の上位層であれば有効性がありますが、偏差値の低い学校になってくると、いくら私立であっても、ほとんどランダムに選り分けたのと意味が変わらない状態に陥っています💨
 私は、近しい知人に学校の教師も多くいますから、よく現場の状況をヒアリングする機会があるのですが、「こんなの、『私立』にわざわざ通わせている意味はあるのか?」、「親は単なる自己満足のために、ないしは世間体的なエクスキューズのために形だけ子供を私立に押し込んでいるだけではないのか?」と感じざるを得ない(当事者である教師自身も同様に感じている)レベルの生徒しか集められていない学校は山ほどあるのです💧

 開成学園でも底辺校でも、私立は私立です。学費は国公立に比べてかかることは共通していますし、むしろレベルの低い学校のほうが学費は高くつくくらいです(有名校ほど良心的な価格設定をする傾向があります)👊
 「盗んだバイクで走り、窓ガラスを割って回る」ような不良集団が学校を占拠しているとか、「何を学ぼうとしてもわからない。何を教えようとしても伝わらない」といった生徒しか存在いない・・・これくらいの「よっぽど」な学校でもない限り、学区内のそれなりの国公立の学校に通うことは、「名前ばかりの進学校」に通うのに比して、ほとんどディスアドバンテージはありません
 それこそ、「親同士の勢力争い」的なプライドのためだけに、「私立」としての特別な学費をかけるほうがよっぽど無駄の大きいことではないでしょうか🚩

 名だたる有名校に入れるのでもない限り、「私立学校」に通うことは、それ単独ではたいしたインパクトがありません
 結局「意義の乏しい私立学校+塾・予備校」という戦略をとらなければならないのなら、その価値の本丸は「塾・予備校」のほうにあることになります👀 予算があるというのなら、進学するのは国公立校でいいから、きちんとした塾・予備校に通わせてあげるほうがよっぽど配分として有効です。
 そして、価値の本丸が「塾・予備校」にあると暴かれたのですから、予算がどうしてもないのなら、「塾・予備校の価値」をうまい具合に代替する戦略に切り替えればよいということになります👓


無料学習サービス『MANAVIE』はこちら!
https://manavie.jp/
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロでも、最上位を狙えます。受験勉強、生涯学習のお供にどうぞ!
MANAVIE_320x50.jpg

進学校についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング
開成学園についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年03月17日

第203回継続法10〜こまめにゴールを設定する〜

 4月に入りましたら、新しい体制に適応するまで少し時間を要する可能性が高いので、いったん更新頻度が落ちるかもしれません。あしからずm(_ _)m


 「継続が軌道に乗った」と感じることができるためには、「達成感」もポイントになります。例えば、前述のように、教材を一通りやり切るという経験をすると自信がつきますし、何といってもうれしいものです。それは、結果として「次の継続も頑張ろう」という好循環を生みます。このように、「達成感」を感じることができれば、「継続」の成功に一歩近づくのです✨
 しかし、そうは言っても、教材を一通りやり切るということは、週単位・月単位の結構な時間がかかることも事実です。今回は、そのように大きな単位だけではなく、日単位・時間単位というもっと細かな区切りで「ちょっとしたゴール」を設定し、こまめにその「達成感」を味わうようにするという工夫を紹介しようと思います🚩

 具体的には、例えば、「一日○ページ」といったような細かなゴールを設定します。当然、ここでは「勉強法の理論式」に従って算出されたおおまかな勉強のペースも参考にすることができます。
 そして、その小さなゴールを毎日「達成」します。こうすることで、「今日もサボらず、しっかり勉強が進んだぞ!」というように気分がよくなり、「継続」の気持ちが折れることを防ぐことができるはずです。「千里の道も一歩から」という諺がありますが、その「一歩」も単なる一歩ではなく、それなりに自分にとって意味を持たせた「一歩」にすることが、上手な「継続」のコツなのです💡
 この「達成感」は、一種の自己陶酔に近くなってくることがあります。実は、成績優秀者の中には、「毎日苦労しているが、それを乗り越えている自分に酔っている」というタイプの人が少なからず存在します。他にも、「ゴールを達成したら、好物を食べられる」というように、「自分へのご褒美」を設定するのも有効な方法です。これはいずれも、「継続」の成功のために、ほどよいスパイスになっているといえるでしょう👊

 ただし、注意点が一つだけあります。それは、細かなゴールを設定する際に、「自分の良い集中力でこなせる最大分量の近くで区切る」ということです❗
 考えてみれば簡単な話ですが、例えば500ページの教材を「1日1ページで、500日かけてやる」などという継続目標を立てるということが、はたして有効でしょうか。「1日1ページ」というゴールを「達成」することは確かにできるかもしれませんが、それが「達成感」に繋がるかは怪しいところです。むしろ、途中でかえって面倒になって投げ出してしまったり、無駄にグダついて全体としての完成度が低くなってしまったりするリスクのほうが高いと思われます💣
 自分が、なんとか際どくクリアできそうな目標に近い分量を設定し、例えば「調子がよければ30ページ、どんなにコンディションが悪くても15ページはなんとか進めよう」といったように、各々の小さなゴールも有意義なものにすることが絶対条件といえます✋


無料学習サービス『MANAVIE』はこちら!
https://manavie.jp/
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロでも、最上位を狙えます。受験勉強、生涯学習のお供にどうぞ!
MANAVIE_320x50.jpg

勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング
受験勉強についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年03月10日

第202回継続法9〜全体像の把握2〜

 今週は、個人的に、人生スパンでみても非常にインパクトの大きいイベントが何個か集積して発生しまして、完全に寝不足です(笑)。しかし、これで今後の活動も益々活性化しそうな予感がしますね✊


 さて、継続を成功させやすくするコツである、「対象の全体像を把握する」ための具体的な方法はなんでしょうか。それは、「最初から完成度は完全でなくてよいから、全体像を把握するために、まずは早めに一通り終わらせてしまう」ということになります🚩
 もちろん、ゆくゆくは細部までみっちり仕上げるつもりでいて欲しいのですが、はじめから各論の細部まで完璧にしようとすると極端に進みが遅くなりますし、挫折の可能性も高まってしまいます。そこで、最初に教材をやるときはどんどん先に進め、ともかく一通り終わらせてしまってください。そして、まずそうしてから、後は「露天掘り」のように、全体を徐々に掘り下げていくようにします♨
 こうすることで、「とりあえず一通り終わらせることができた」、すなわち「継続が軌道に乗った」と感じることができます。さらには、その科目全体を見渡しましたから、紙面上で迷路を解くときと同じく、全体像が見えている心境と同じになります。結果として、「継続」に成功する確率も高まるのです。

 ところで、「一周目はどんどん先に進む」と簡単に述べましたが、実は、その舵取りは勉強初心者にとっては難しいところです。
 文字通り何ふりかまわず進んだ結果、途中で内容についていけなくなったり、頭に何も残らなかったりするようでは、さすがに意味がありません。最低限のクオリティは保ちながらも、なるべく素早いという絶妙なバランスが必要とされます。これを上手く満たす秘訣を紹介しましょう💡

 ここで推奨するのは、「一周目は『理解』だけをしっかり達成する」ということです。
 とりあえず意識としては、「暗記」等は放っておいて大丈夫です。その代わり、「理解」の達成だけは絶対に譲らないでください。
 今やっている部分の理解に確実な自信が持てたら、次へ進む。その次の部分がしっかり理解できたら、さらに次へ・・・という順で進めていきます。前の方の内容を忘れていくのは問題ありません。一周目は、「忘れてしまった部分も多いが、この教材の全てを一旦は理解した」ということを目標にしてください。このやり方で、だいぶ早く一周目を終えることができるはずです。⤴

 「全く暗記をしなくて大丈夫なのか」と疑問に思うかもしれませんが、心配はご無用です。理解法や暗記法で述べた通り、「理解」をするには最低限の「暗記」が自動的に必要になるからです。
 教材を進めていく際、その内容は大河ドラマのように繋がりをもっていますから、先の部分をきちんと理解するためには、それより前の内容も、ある程度は頭に残っていなければなりません。ですから、もし「さすがにそれは覚えていなさすぎ」という箇所があれば、いつか先のところで「理解」にひっかかることがあるはずです。そのようなとき、目の前の内容をしっかり理解するには、必然的に、忘れてしまった以前の該当部分を見直したりしなければならないわけです。そうこうしているうちに、教材を一通り理解し終える頃には、頻出重要事項くらいなら覚えてしまっています👊
 このように、「理解だけ」とは言っても、それを忠実に守れば、効率性と充実性のバランスがよく取れた形で一周目を達成できるのです✨


無料学習サービス『MANAVIE』はこちら!
https://manavie.jp/
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロでも、最上位を狙えます。受験勉強、生涯学習のお供にどうぞ!
MANAVIE_320x50.jpg

勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング
受験勉強についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2018年03月03日

オトナには物理教師さんが大人気

 私、4月からさらに一段ギアが上がって忙しくなる見込みになっていますので、今できることをブルドーザーのように進めております🚌
 もうさすがに上限いっぱいです(笑)。一応2019年度には少し落ち着ける見込みですが・・・。


 本日は、またこじんまりとやっているオンラインサロンの話をしたいと思います♨
 低費用&純オンラインコーチングに基づく医学部合格者第一号を出しちゃおう、という先鋭的な試みになっております(別に医学部じゃなくてもいいのですが、現在は医学部再受験生メンバーばかりです)。
 
 医学部を受験するとなると、一般的には、英語・数学・化学、そして生物or物理という主要科目選択になります。
 そしてオンラインで使える動画講義をフル活用しつつ、モチベーションを維持して「サボり」を防ぐためにサロンを利用します💨

 さて、ここで各人の希望やレベルに合わせて、相談しながら「オンラインで使う動画講義」を各科目にあてがっていくわけですが、その選択肢は詰まるところ、「スタディサプリ」または「MANAVIE」から選ばれることがほとんどです👀
 私個人的には、有料サービスの中では、サプリよりも「学びエイド」のほうが既に上回っていると思っていますが、一般的な知名度はまだサプリのほうが上なので、現状ではまだサプリが選択されることが多いです。

 科目を各論的にみていくと、英語と生物は、結局私のコンテンツ一択になります。
 これは、別に私のサロンだから誘導しているわけではなく、医学部レベルまで到達しようとすると、私のものが自動的に最適になるからです(いや本当に👊)。
 生物は、SEO対策を手抜いていたら「Try IT」とかにすっかり隠れてしまいましたが(笑)、到達レベルは比較になりません。
 英語は、もとより受験対策教材としては、まぁ向こう50年は、超えてくるコンテンツは存在しないであろうというシロモノです。

 さて、数学と理科もう一科目(普通は化学が多い)のコンテンツはどうするか、ということになりますが、ここで、一旦は有料サービス(サプリ)にすることが多いです。
 MANAVIEの数学も、やる気先生本田先生を筆頭に、かなりのものを提供していて、「無料」ということも加味すれば十二分な機能を果たすことができると断言できます。
 ただ、再受験生にとって、数学はとにかく実力のボトルネックになる科目ですし、医学部を目指すとなると基本を教えるだけのコンテンツでは少々物足りないので、「(大手の)サプリにしておこう」という判断がまだ強めに働く傾向があります。
 ただ、ユーザーさんが「全然お金がない」というなら、「それなら、MANAVIEで大丈夫だよ」とは言えるくらいでは、間違いなくありますけどね✋

 問題は、化学です。
 現状、MANAVIEでは、物理教師さんのコンテンツが大黒柱としてそびえ立っています。バックヤードでは他の講師の方の作業が進んでいたりもしますが、まだ当面は物理教師さん頼みですm(_ _)m
 物理教師さんの講義は、以前も紹介した通り、全く派手さはないものですが、これがもうオトナ(再受験生)からの人気が凄いのです!
 というか、最初、サプリを使って化学の勉強を始めた人は、全員「物理教師さんのほうがいいです」といって、MANAVIEに鞍替えしてきています。
 サプリの化学講師(坂田先生)は、現役の高校生達には根強い人気があるのですが、いわゆる「予備校系パフォーマンス」の強い方でして(Youtubeでサンプルを視聴してみてください)、確かに大人がこれに入り込むのはちょっとキツいだろうな・・・という印象はあります。
 一般的な高校生達には、坂田先生のほうが圧倒的に人気あるでしょうし、収益を上げるには、ターゲットをより大きく捉えられるコンテンツを採用するべきなので、サプリの戦略は何も間違っていません。
 ただ、物理教師さんのようなコンテンツは、「余計な装飾なしに普通に淡々と勉強したい」という、既存のビジネス的には「おいしくない客」に、的確に刺さるんですね。そこを対象にしたコンテンツを成立させられるということのが、原価を抑えられるWebサービスの醍醐味であるわけです🚩

 そんなわけで、改めて振り返ってみると、医学部受験主要4科目のうち、3科目以上でMANAVIEが使われている状況になっているので、「有料サービス分1000円/月は、数学のためだけに払っている」ような形に近いです。
 ま、それでも安いですから何も問題はないのですけど、「有料ってなんだろう」という気は、本格的にしてきちゃいますね(笑)
 有料サービス側の視点に立つと、今後の戦略としては、何か他の価値と組み合わせていくことが必須になってくると思いますね(模試とコラボするとか)。


無料学習サービス『MANAVIE』はこちら!
https://manavie.jp/
一定の質を満たす網羅的講義が完全無料で1万本以上。予算ゼロでも、最上位を狙えます。受験勉強、生涯学習のお供にどうぞ!
MANAVIE_320x50.jpg

受験勉強についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング
勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ