booktop
史上最強の英語学習書『SOEL』
全国の書店で好評販売中です!!

中高6年間分の文法・構文・単語・熟語を4in1で一挙に学習できる、革命的な教材です。資格ハイスコアにも直結します。
ライバルに差をつけろ!!
SOELのコンセプトの詳しくは、こちら(連続記事8個)

2016年02月07日

成分毎に個別に出す風邪薬

 風邪を引いたときに、PLではない諸々の薬を出されたことがある人もいると思います。
 これは、個別の患者さんの事情にあわせている場合もありますし、単に医者の好みの問題もあります♨

 総合感冒薬であるPLには、割と副作用が少ない無難な薬が配合されています。これに対して、個別に薬を出すと、各々より効果の強く、場合によっては欠点が少ないものが出せるというメリットがあったりします。
 ただ、いずれにせよ、PLで説明したときと同様、「各症状にあわせて、それに効く成分を当てる」という考え方であることには変わりありません✋ 

 では、以下の項目に沿って、諸症状にあわせて個別にどんな薬がよく出されるのかをみていきましょう。
・抗アレルギー薬
・鎮咳薬
・解熱鎮痛薬

 まず抗アレルギー薬です。
 PLではプロメタジンという古い世代の薬が配合されていました。個別に出す場合は、もっと新しい世代の薬を使います。
 新しい薬は、一般論として特に眠気の副作用が改善されています。
 これらの薬は「ヒスタミン」という成分をブロックすることで効果を発揮するのですが、どうしても眠気が出てしまいます。新世代の薬は、「効果はより強いが、眠気はおきにくい」ということを目標にして作られています✨
 
 ですから、「鼻水が特にひどくてどうしようもない」とか「仕事があるので眠気が出ないような薬がいい」といったことを希望される患者さんには、「個別に出そうかな」と考えるのです👊


抗アレルギー薬についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
風邪薬・医学についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年02月06日

第181回暗記法39〜理解6〜

 どんな科目でも、程度の差こそあれ、必ず学ぶ内容にストーリー性があるか、そのような部分が存在するはずです。
 一見無縁のように思える分野でも、目ざとく探せば使えるポイントは思った以上にあるものです👀

 例えば、英単語の「courage:勇気づける」という意味から、「反対」の意味を持つ接頭語「dis-」がくっついた「discourage:がっかりさせる」という単語に派生させるというやり方も、典型的な例ですね💡

 「知識同士を関連づけて暗記する」という手法、最後に改めて、以下の通りまとめておきましょう!
(1)物事同士の共通項・対比事項などを取り出して、関連づけて暗記する。
(2)因果関係やストーリー性を持たせながら、事項を派生させて暗記する。


受験勉強についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
英単語暗記法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年02月05日

開成学園について16

 翌日以後、1か月間に渡って高3は中1に対して競技の指導をしていくのですが、運動会前日まで、基本的に顔合わせと同程度の厳しさが継続されます💣
 「理不尽なシナリオと罵倒」に関しては、さすがに顔合わせ以後はなくなりますが、別に甘くなるわけでは決してないので、運動会の競技の練習もまさに軍隊のように統制がとられる形で真剣そのものになされます。つまり、和気あいあいとした他校における通常の「体育祭」の練習とは全く様相が異なるのです💥

 ところが、このような厳格な雰囲気は運動会当日を境に、打って変わります。
 高3は突然、ニコニコした先輩に早変わりし、無邪気にふざけあったりしながら運動会を精一杯楽しみます。その段階にまで至ると、中1も「本当は悪い人達ではなかったんだ」ということがわかり、こうした激しいプロセスを経た高3と中1は、通常よりも非常に固い絆で結ばれることになるのです🚩

 こうした一連のプロセスは、95%くらいの中1にとっては、「すごくいい経験をした」という印象を持たせるものであり、「開成の運動会は最高だ」というアイデンティティの形成をもたらします。
 逆に一方で、残り5%程度の生徒には激しいトラウマを植え付ける、ないしは徹底的な「運動会嫌い」を生んでしまうという副作用も必ず伴っていました。
 まさに功罪隣り合わせのイベントだったと言えるのです👊


進学校・教育についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
開成学園についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年02月04日

「PL+葛根湯」も一考

 免疫力や治癒力・回復力を上げるために何かアクションを起こしたいが、西洋医学の薬には適当なものがない。こんなときに、良くも悪くもフワッとしたコンセプトの生薬成分が多く含まれる漢方薬「葛根湯」は、よくマッチするのです💡

 葛根湯には生姜が含まれていると先に述べました。「風邪のときは生姜を煎じて飲むとよい」と、民間療法でいいますよね。そういうことを葛根湯の諸々の成分は一通りやってくれるわけです♨
 
 既に説明したように、葛根湯には一方で、「麻黄」すなわち「エフェドリン」というきちんとした有効成分があるので、「(怪しい民間療法的効果を期待して)飲むだけ無駄」ということもありません。
 PLのような西洋医学的薬剤とは別機序できちんとした薬効を持ち、かつ「体質改善」という作用が効能として謳われているというわけで、葛根湯は「風邪」に対して、十分使う価値がある薬剤だといえます🚩

 機序が被っていないのですから、「PL+葛根湯」と組み合わせてもいいですね✨


漢方薬・医学についてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
風邪の治療についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

2016年02月03日

やることやれば親は黙る

 明確な意思決定の翌日から、まさに鬼神のごとく変貌した私をみて、過去17年間「勉強しろ」とうるさくてしょうがなかった親も、まったくそれに関して文句をつけることはなくなりました。傍目からみてもそれだけ違ってみえたということでしょうね💨

 そして、激烈な追い上げをみせた私が、夏の全国模試で60位(くらいだったかな?)および理VB判定(60位でB判定なんですね笑)を取ったことに際し、「理Vを受験する」という方針を半ば強引に押し通すことに成功しました✊

 まぁ、親は相変わらず不合格リスクについてはぶつくさ言い続けていましたが、私の豹変ぶりと見込みのある一定の成果をみて譲歩してくれたということでしょう♨
 おそらく、これが私の人生の中で最初の本格的な「子の親離れ」であり、なんだかんだ言いながら最終的にその希望を大筋で受け入れてくれたことには今でも大変、感謝しています✋

 読者の中には、同様に「勉強しろ勉強しろ」とうるさい親を持つ学生さんがいるかもしれません。でも、まぁその見立てって正しいんですよ(笑)。親が一方的にそう言うこと自体は、実は全然意味がない(というか逆効果なことが多い)のですが、「十分やってない」という事実に関して言えば、それは間違っていないはずです。やることやれば、親も黙るってもんです💣
 逆に、子供が十分やっているのに、小言を収められないような親は子育てセンスがないです👊保護者の立場にある方は、くれぐれも気を付けてください👀


大学受験対策・子育てについてもっと詳しく知るにはこちら
人気ブログランキング[受験・医師]
受験勉強法についてもっと詳しく知るにはこちら
にほんブログ村[受験・病気]

※ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると、とてもうれしいです。更新の活力になりますので、是非ご協力ください!
 人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ